四字熟語「七難八苦(しちなんはっく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「七難八苦(しちなんはっく)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「七難八苦」の意味をスッキリ理解!

七難八苦(しちなんはっく):多くの災難・苦難が重なること。様々な苦難に合うこと。

「七難八苦」の意味を詳しく

「七難八苦」とは、文字通り七つの困難と、八つの苦しみが合わさってできた四字熟語です。

「人間がぶつかる多くの困難や苦難」を意味しています。

 

「七難八苦」は、もともと仏教語でした。『観音経(かんのうきょう)』という仏教経典に「七難」と「八苦」のそれぞれが書かれています。

「七難」は以下の七つの困難を指します。これらは例えであり、人間の欲求に対して起こりうる困難のことです。

  • 火難(かなん):様々なことに欲を出すことで起きる困難
  • 水難(すいなん):欲に依存することで起きる困難
  • 羅刹難(らせつなん):欲に流されてしまうことで起きる困難
  • 刀杖難(とうじょうなん):自分を完全に信じられないことで起きる難
  • 鬼難(きなん):欲が次々と芽生えることで起きる困難
  • 枷鎖難(かさなん):欲に捉われてしまうことで起きる困難
  • 怨賊難(おんぞくなん):欲を怖がることによって起きる困難
ただし、「七難」の定義は、経典によりやや異なります。

そして、「八苦」は、以下の八つの苦しみのことです。

  • 生(せい):生まれる苦しみ
  • 老(ろう):老いる苦しみ
  • 病(びょう):病気を患う苦しみ
  • 死(し):死ぬ苦しみ
  • 愛別離苦(あいべつりく):愛する人と別れる苦しみ
  • 怨憎会苦(おんぞうえく):怨み憎しむ者に会う苦しみ
  • 求不得苦(ぐふとっく):欲しいものを手に入れることができない苦しみ
  • 五陰盛苦(ごおんじょうく):精神的現象から苦しみが盛んになること

難しい言葉の羅列のように見えますが、要するに「七難」と「八苦」は、人間の生涯で起こり得る困難・苦しみを表しています。

「七難八苦」という四字熟語は、それらが重なって起こることを意味しているのです。

スポンサードリンク

「七難八苦」の使い方

  1. 七難八苦の人生があったからこそ、今の自分に繋がっている。
  2. 実家が火事に見舞われ、さらには恋人に振られた私は、まさに七難八苦だ。
  3. いかなる時も七難八苦に打ち勝ち、必死に生きてきた。

「七難八苦」の類義語

七難八苦には以下のような類義語があります。

  • 四苦八苦(しくはっく):非常に苦労すること
  • 艱難辛苦(かんなんしんく):非常な困難や苦難にぶつかって苦しむこと
  • 千辛万苦(せんしんばんく):辛いことや苦しいことを経験すること
  • 七転八倒(しちてんばっとう):ひどく苦しんで転げ回ること、何度転んで起きてもまた倒れること

類義語としてあげた三つ全てに、困難や苦難という意味が含まれています。人生のある一点において大変な苦労をすることを表す意味なので、「七難八苦」と同義ということができます。

スポンサードリンク

「七難八苦」の英語訳

七難八苦を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • series of disasters
    (重なる災難)
  • a chapter of accidents
    (不運が重なるとき)
a chapter of accidents は、直訳では「事故の章」です。「人生で事故が起こる章」という意味が転じて、「重なる災難」という意訳になります。

どちらの英語も、多くの困難や苦難が重なることを表しています。
これは、「多くの災難・苦難が重なること」「様々な苦難に合うこと」を意味する「七難八苦」と一致します。

まとめ

以上、この記事では「七難八苦」について解説しました。

読み方 七難八苦(しちなんはっく)
意味 多くの災難・苦難が重なること。様々な苦難に合うこと。
類義語 四苦八苦、艱難辛苦、千辛万苦、七転八倒など
英語訳 series of disasters(重なる災難)、a chapter of accidents(不運が重なる時)など

「山あり谷あり」とはよくいったものですが、長い人生ではきっと「七難八苦」の経験をすることもあるでしょう。

それでも困難を乗り越えることで、きっと次の自分に繋げることができます。

スポンサードリンク