ことわざ「九死に一生を得る」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「九死に一生を得る」の意味をスッキリ理解!

九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる):とても助かるとは思えない危険な状態から、奇跡的に助かること

「九死に一生を得る」の意味を詳しく

「九死(きゅうし)」とは、十のうち、死ぬ可能性が九分(きゅうぶ)ということで、ほとんど死を避けることが出来ない状態を指します。また、「一生(いっしょう)」とは、十のうち、生きる可能性が一分(いちぶ)しかない状態を指します。

つまり、「九死に一生を得る」はほんのわずかしかない生きる可能性を得て、奇跡的に助かることを意味します。

ちなみに、「得る」は「うる」とも読みます。

スポンサードリンク

「九死に一生を得る」の使い方

  1. 海でおぼれた時にはもう駄目かもしれないと思ったが、救命ボートが来て九死に一生を得た
  2. 僕が店を出た後すぐ、その店が爆発するという、まさに九死に一生を得る体験をした。

ことわざの中に「生」と「死」という漢字が入っている通り、生死に関わる事柄を表す時に使われます。

「九死に一生を得る」の類義語

九死に一生を得るには以下のような類義語があります。

  • 万死に一生を得る(ばんしにいっしょうをえる)
  • 万死の中に一生を得る(ばんしのうちにいっしょうをえる)
  • 万死を出でて一生に遇う(ばんしをいでていっしょうにあう)
  • 死中に活を求める(しちゅうにかつをもとめる):絶望的な状態の中でも、切り抜ける方法を探し求めること。また、窮地を切り抜けるために、あえて危険な道を選ぶこと。

上記に挙げた類義語のうち、「死中に活を求める」以外は「とても助かるとは思えない危険な状態から、奇跡的に助かること」という意味です。

「万死(ばんし)」とは、命の助かる見込みがないことを指します。その中で一生を得るため、「九死に一生を得る」と同じ意味をもつのです。

「死中に活を入れる」は誤りですので、注意しましょう。

スポンサードリンク

「九死に一生を得る」の英語訳

九死に一生を得るを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • to have a narrow escape from death
    (九死に一生を得る)
  • I barely escaped death.
    (かろうじて生き延びた)

narrow は「ギリギリの」という意味の形容詞です。

barely は「かろうじて」という意味です。

まとめ

以上、この記事では「九死に一生を得る」について解説しました。

読み方 九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる)
意味 とても助かるとは思えない危険な状態から、奇跡的に助かること
類義語 万死に一生を得る、死中に活を求めるなど
英語訳 to have a narrow escape from death(九死に一生を得る),I barely escaped death.(かろうじて生き延びた)

九死に一生を得る体験は、そうそう出来るものではありません。窮地には陥りたくないものですね。

スポンサードリンク