「九死に一生を得る」の意味とは?由来や類語から言い換え表現まで解説

言葉

「九死に一生を得る」とは「ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること」という意味です。

「九回死んで、一回生き返る」ことが由来だと思ってしまいますよね。

九と一は、死ぬ可能性と生きる可能性の割合を表しているのです。

この記事では、「九死に一生を得る」の意味や使い方を詳しく解説します。

「九死に一生を得る」の意味

九死きゅうし一生いっしょう

ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること

「九死に一生を得る」は、非常に危険な状態から、かろうじて助かることを表します。

「九死に一生を得る」は、以下のように表記することもあります。

  • 九死一生と省略する
  • 九死に一生と省略する
  • 「得る」を「うる」と読む

ここからは、「九死」と「一生」の意味を詳しく解説します。

「九死」の意味

九死きゅうし

ほとんど命が助からないような、危険な状態

九死は、九割、つまり90%は死が避けられないことから、ほとんど死が避けられないような危ない状態を表します。

「一生」の意味

一生いっしょう

  1. 生まれてから死ぬまでの間
    例:一生忘れられない出来事、一生分の力を振り絞る
  2. やっとのことで生き延びる
    例:九死に一生を得る、九死一生
  3. (「一生の〜」の形で)生涯に一度しかないようなこと
    例:一生のお願い、一生の不覚

「九死に一生を得る」では、②の「やっとのことで生き延びる」という意味で使われています。

一割、つまり10%しか生き残る可能性がないことを表します。

九回死んで一回生きるという意味ではない

「九死に一生を得る」は、死ぬ可能性が九割で、生きる可能性が一割であることから、「ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること」という意味です。

九と一は、回数のことではなく、「九回死んで一回生きる」という意味ではありませんので、注意しましょう。

「九死に一生を得る」の使い方

「九死に一生を得る」は、生死に関することを述べる時に使います。

具体的な例文を見てみましょう。

  1. 僕が店を出た後すぐ、その店が爆発するという、まさに九死に一生を得る体験をした。
  2. 隣の家で火災が起きた時、ちょうど外出していたため九死に一生を得た
  3. 海でおぼれた時にはもう駄目かもしれないと思ったが、救命ボートが来て九死に一生を得た

「九死に一生を得る」の類義語

「九死に一生を得る」の類義語を、以下の2パターンに分けて見ていきましょう。

  1. 同じ意味をもつ語
  2. 似た意味を持つ語

類義語①同じ意味をもつ語

「九死に一生を得る」と同じく、「ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること」という意味の語には以下のようなものがあります。

  • 十死一生(じっしいっしょう)
    ①ほとんど助かる見込みがないこと
    ②ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること
  • 万死一生(ばんしいっせい/ばんしいっしょう)
    ①死ぬ覚悟で事にあたること
    ②ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること
  • 万死(ばんし)に一生を得る
  • 万死の中(うち)に一生を得る
  • 万死を出(い)でて一生に遭う
  • 一命を取り留める
  • 命拾い(いのちびろい)
  • 辛うじて(かろうじて)生き残る

十死と万死は、「ほとんど命が助からないような、危険な状態」を表します。

類義語②似た意味を持つ語

「九死に一生を得る」と似た意味の語には以下のようなものがあります。

  • 死線を越える
    生死の境を切り抜ける
  • 死中(しちゅう)に活(かつ)を求める
    ①助かる道がほとんどない状況から、なんとか生きる方法を見つけようとすること
    ②苦境を切り抜けるために、あえて危険な道を選ぶこと
  • 命に別状はない
    危険な状態だったが、命に関わることではない
「死中に活を入れる」と間違えないように注意

「死に活を求める」を「死中に活を入れる」と表記するのは誤りですので、注意しましょう。

「九死に一生を得る」の英語訳

「九死に一生を得る」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • have a narrow escape
    (危ないところを助かる)
  • have a close-set (of it)
    (危険なことから危うく逃れる)
  • have a close shave
    (かろうじて逃れる)
  • escape with one’s life
    (ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること)
  • save one’s neck
    (危うく助かる)
  • save one’s skin
    (自分だけ危険から逃れる)
  • the state of being barely alive
    (かろうじて生きている状態)
  • barely escapes death
    (かろうじて死をまぬがれる)
  • narrowly survive
    (かろうじて生き延びる)

関連:漢数字がつくことわざ

「九死に一生を得る」は、漢数字の九と一が含まれていることわざです。

漢数字を含むことわざは、以下のようなものがあります。

「九死に一生を得る」のまとめ

以上、この記事では「九死に一生を得る」について解説しました。

読み方九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる)
意味ほとんど助かる見込みがないところから、奇跡的に助かること
類義語十死一生
万死一生
死線を越える など
英語訳have a narrow escape
(危ないところを助かる)
have a close-set (of it)
(危険なことから危うく逃れる)
have a close shave
(かろうじて逃れる) など
漢数字がつくことわざ一寸の虫にも五分の魂
石の上にも三年
早起きは三文の得

「九死に一生を得る」ことはなかなかないかもしれませんが、知識として覚えておきましょう。