ことわざ「石の上にも三年」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「石の上にも三年」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「石の上にも三年」の意味をスッキリ理解!

石の上にも三年:がまん強く辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということ

「石の上にも三年」の意味を詳しく


「石の上にも三年」は、がまん強く辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということを意味することわざです。

このことわざの「三年」は、長い期間のたとえです。そのため、具体的な年数としての「3年」を意味しているわけではありません。

 

注意したいのは、「石の上にも三年」は、「がまん強く続ければ、いつかは報われる」というポジティブな意味のことわざであるということです。

「どれだけ辛くても、我慢して辛抱し続ける必要がある」というネガティブな意味を持つことわざではありません。

 

「石の上にも三年」には続きがあります。それは、「石の上にも三年居れば、暖まる」という文です。

冷たい石の上でも、長く座っていれば暖まってくることから、辛抱強く続けていれば、成し遂げることができるという意味になりました。

ものごとを継続することにくじけそうになったときに、背中を押してくれる言葉であるといえます。

スポンサードリンク

「石の上にも三年」の使い方

  1. まだ始めたばかりの仕事をやめるなんてもったいない。石の上にも三年と言うではないか。
  2. すぐに成功することなんてほとんどないんだ。石の上にも三年だよ。やれるだけやってみよう。
  3. 石の上にも三年という言葉を信じて、夢を諦めずに努力した。
  4. 私の姉は長い下積みを経て、メジャーデビューを果たした。石の上にも三年だ。
①と②の例文では、相手を鼓舞(こぶ)する言葉として、「石の上にも三年」が使われています。

一方、③と④の例文では、努力を重ねた人の強い信念を表す言葉として「石の上にも三年」が用いられています。

「石の上にも三年」の由来

「石の上にも三年」の由来としては、2つの説が有力です。1つが中国の逸話が元となったとする説、もう1つがインドの逸話が元となったとする説です。どちらの話にも共通するのは、目標を成し遂げるために、長い間辛い修行を行ったということです。

中国の達磨(だるま)大使が語源だとする説

中国の禅宗(ぜんしゅう)を開いた、達磨大使という人物がいました。ちなみに、日本でよく見かける「だるま」は、この達磨大使が座禅(ざぜん)している形に似せて作られたものです。

達磨大使は、壁に向かって無言のまま、9年間の修行に励みました。9年間もの月日を、たったひとりで座り続けて過ごしたのです。そして9年間の末、悟りを開くことができました。しかし、達磨大使は、この修行によって脚が腐ってしまったと言われています。

この長年の修行を重ねて悟りを開いた達磨大使の逸話が、「石の上にも三年」の語源だとされています。

古代インドのバリシバ尊者が語源だとする説

古代インドに、バリシバ尊者(そんしゃ)という人物がいました。尊者とは、仏教において、知識や行徳(ぎょうとく)がそなわった、尊敬すべき僧のことです。行徳とは、仏教の修行によって備わっていく徳のことです。

バリシバ尊者は、80歳を超えてから、修行をはじめました。そして、石の上で三年間、横になって眠ることなく座り続けるという修行をやり遂げました。この逸話が、「石の上にも三年」の語源だとされています。

スポンサードリンク

「石の上にも三年」の類義語

「石の上にも三年」には以下のような類義語があります。

  • 雨垂(あまだ)れ石を穿(うが)つ:努力すれば、やがて成功するということ
  • 愚公山(ぐこうやま)を移す:どんなに困難なことでも努力を続ければ、やがて成功するということ
  • 継続は力なり:あらゆることにおいて継続することは困難であり、それを続けていれば自分の力になっていくということ
  • 待てば海路(かいろ)の日和あり:今は状況が悪くても、焦らず待ち続ければ、やがて幸運がやってくるということ
  • 辛抱する木に金がなる:辛抱強くこつこつ努力すれば、やがて幸運も財産も手に入れられるということ
  • 塵(ちり)も積もれば山となる:小さなことでも少しずつ積み上げていけば、大きな成果となって現れるということ
  • 茨(いばら)の中にも三年の辛抱:つらいこともじっと我慢していれば、そのうち幸運が訪れるということ
  • 牛の歩みも千里(せんり):何事も努力を続ければ、大きな成功を収めることができるということ

「石の上にも三年」の対義語

「石の上にも三年」には以下のような対義語があります。

  • 一寸(いっすん)の光陰(こういん)軽(かろ)んずべからず:どんなに些細(ささい)な時間であっても、無駄にしてはいけないということ
  • 時は金なり:時間は金銭を同じくらい大切なものだということ
「石の上にも三年」は、「時間がいくらかかろうとも、辛抱して続ければいつか成功できる」という意味なので、時間を重視していません。

それに対して、上で挙げた二つのことわざは、「時間は大切だ」ということを強調したことわざです。よって、「石の上にも三年」とは反対の意味にあることわざであると言えます。

スポンサードリンク

「石の上にも三年」の英語訳

「石の上にも三年」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Everything comes to him who waits.
    (待ち続ける者のもとにあらゆるものがやって来る。)
  • Perseverance will win in the end.
    (辛抱強さは最後に勝つ。)
  • Slow and steady wins the race.
    (ゆっくり着実にやれば競争に勝つ。)

まとめ

以上、この記事では「石の上にも三年」について解説しました。

読み方 石の上にも三年
意味 がまん強く辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということ
由来 中国の達磨大使の逸話が語源とする説と、インドのバリシバ尊者の逸話が語源とする説の2つがある
類義語 雨垂れ石を穿つ、愚公山を移す、塵も積もれば山となるなど
対義語 一寸の光陰軽んずべからず、時は金なりなど
英語訳 Perseverance will win in the end.(辛抱強さは最後に勝つ。)

何事も我慢して続けることは過酷です。しかし、続けなければ成功を得ることはできません。

もう報われないだろうと見切って諦めてしまっては、今まで積み上げてきたものも無駄になってしまいます。

ことわざ「石の上にも三年」が私たちに教えてくれるように、多少つらくても続けることが成功につながるのかもしれません。

スポンサードリンク