ことわざ「果報は寝て待て」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「果報(かほう)は寝て待て」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「果報は寝て待て」の意味をスッキリ理解!

果報(かほう)は寝て待て:運は人の力ではどうにもならないから、焦らず時機が来るのを待つべきだということ

「果報は寝て待て」の意味を詳しく


「果報は寝て待て」は、運は人の力ではどうにもならないものだから、焦らず時機が来るのを待つべきだという意味のことわざです。また、「幸運は焦らず待っていれば、めぐってくる」という意味もあります。

「果報」はもともと仏教の言葉です。「前世で行ったことの結果として現世で受ける報い」を表します。

「果報」の「果」は、善いことしたときによい結果が出ることを意味します。つまり、因果が正しく廻ってくるということです。

 

一方、「報」は因果が正しく廻ってこない、つまりよくない結果となることを意味します。

したがって、「果報」は「よい結果」「悪い結果」の両方の意味を含む言葉です。

つまり、「果報は寝て待て」は、「いずれの結果が出るにしろ、自然に身を任せ気長に待つのがよい」ということを意味します。

 

ここで注意したいのが、「果報は寝て待て」は「何もせず寝て待っていればよい結果が得られる」という意味ではないということです。

やるべきことを精一杯やったなら、くよくよ悩んだり焦ったりせず、成り行きに任せるのがよいということです。

スポンサードリンク

「果報は寝て待て」の使い方

  1. 来週までには結果が出るんだからそう焦るなよ。果報は寝て待てと言うだろう。
  2. 精一杯やったんだから、あとは焦らず、結果を待つだけだよ。果報は寝て待てだ。

「果報は寝て待て」の類義語

「果報は寝て待て」には以下のような類義語があります。

  • 運は寝て待て
  • 石の上にも三年
  • 待てば海路(かいろ)の日和(ひより)あり
  • 待てば甘露(かんろ)の日和あり
  • 人事を尽くして天命を待つ
スポンサードリンク

「果報は寝て待て」の対義語

「果報は寝て待て」には以下のような対義語があります。

  • 蒔(ま)かぬ種は生えぬ
  • 運を待つは死を待つに等しい

「果報は寝て待て」の英語訳

「果報は寝て待て」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Everything comes to him who waits.
    (待つ者はどんなことでも叶えられる。)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「果報は寝て待て」について解説しました。

読み方 果報(かほう)は寝て待て
意味 運は人の力ではどうにもならないから、焦らず時機が来るのを待つのがよいということ
類義語 運は寝て待て、人事を尽くして天命を待つ和あり
対義語 蒔かぬ種は生えぬ、運を待つは死を待つに等しいなど
英語訳 Everything comes to him who waits.(待つ者はどんなことでも叶えられる。)

何かに真剣に取り組んだとき、その結果を早く知りたいと焦ってしまうことがあると思います。

しかし、結果をコントロールすることはできません。したがって、やるべきことをやったなら、あとは気長に待つのがよいということですね。

スポンサードリンク