故事成語「人事を尽くして天命を待つ」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「人事を尽くして天命を待つ」です。

この故事成語は有名なので、聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

しかし、有名なだけに、意味を知っていないと恥ずかしいですよね。

そこで、「人事を尽くして天命を待つ」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「人事を尽くして天命を待つ」の意味をスッキリ理解!

人事を尽くして天命を待つ:自分の全力をかけて努力したら、その後は運命を天に任せること

「人事を尽くして天命を待つ」の意味を詳しく

「人事を尽くして天命を待つ」とは、自分の全力をかけて努力したら、その後は運命を天に任せることです。

ちなみに、「人事」とは、人間の力でできる事柄のことです。

また、「天命」とは、天が人間に与える運命のことです。

 

そして、物事がうまくいくかどうかは運命しだいなので、最善を尽くしたらどんな結果になっても後悔はない、という心境を例えた表現でもあります。

ちなみに、「人事を尽くして運命を待つ」と表記するのは誤りなので、注意が必要です。

スポンサードリンク

「人事を尽くして天命を待つ」の由来

「人事を尽くして天命を待つ」の出典は『読史管見(どくしかんけん)』という本ですです。

この本は南宋初期の中国の儒学者である、胡寅(こいん)によって書かれました。

そして、この本には「人事を尽くして天命に聴(まか)す」という表現が出てくるのですが、これが由来になっています。

儒学者

儒学者とは、儒教を学んだり、研究したりする人のことです。

ちなみに、儒教は孔子が創始したと言われており、上下関係をとても大切にする宗教です。

「人事を尽くして天命を待つ」の例文

  1. 大学受験では最善を尽くした。今は人事を尽くして天命を待っている状態だ。
  2. もはや人事を尽くして天命を待つのみだが、体調には気を付けていきたい。
  3. 人事を尽くして天命を待つのが正しい姿勢だ。
スポンサードリンク

「人事を尽くして天命を待つ」の類義語

「人事を尽くして天命を待つ」には以下のような類義語があります。

  • 人事を尽くして天命を聴いて可なり
  • 天は自ら助くる者を助く
  • 我が事終わる
  • 能事(のうじ)終われり

「人事を尽くして天命を待つ」の英語訳

「人事を尽くして天命を待つ」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • Do the likeliest, and God will do the best.
    (最も適切な行為をすれば、神が最善な結果をもたらしてくれる)
  • Do your best and leave the rest to Providence.
    (最善を尽くしたら、あとは神の導きに任せよ)
  • Man proposes; God disposes.
    (計画は人にあり、決裁は神にあり)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「人事を尽くして天命を待つ」について解説しました。

読み方 人事を尽くして天命を待つ(じんじをつくしててんめいをまつ)
意味 自分の全力をかけて努力したら、その後は運命を天に任せること
由来 『読史管見』の中にあるフレーズから
類義語 人事を尽くして天命に聴いて可なり、天は自ら助くる者を助く、我が事終わる、など
英語訳 Do the likeliest, and God will do the best.

「人事を尽くして天命を待つ」という状況は、結構身の回りにもあるのではないでしょうか。

ピッタリな状況を見つけた時には、積極的にこの故事成語を使っていきたいですね。

スポンサードリンク