同じようで違う!「0時」と「24時」の違い

違いのギモン

今回は「0時」と「24時」の違いについて解説したいと思います。このように言うと首をかしげる方もいるのではないでしょうか。

確かに、「0時」と「24時」の意味はほとんど同じです。しかし、違う点もあります。今回はその違いを見ていきましょう。

スポンサードリンク

結論:誤解されやすいポイントが違う

0時も24時も、昼の12時と区別する目的で用いられます。

そして、0時は昼の12時と誤解されやすく、24時は日付が誤解されやすいです。

「0時」の利点と欠点

0時と書いた時、日付が誤解されることはほとんどありません。例えば、7月7日の0時と書いたら、日付が変わって7月7日になったんだな、とわかりますよね。

しかし、0時は昼の0時なのか、夜の0時なのかあいまいですよね。さっきの例も、もしかしたら7月7日の正午のことを表しているのかもしれません。

よって、午前0時、午後0時としたほうが丁寧でしょう。

また、24時間制なら正午は12時になり、0時は必ず夜の0時を指してることになります。なので、飛行機や電車の時刻表など、誤解されたらまずい場所では、時刻は24時間制になっています。

スポンサードリンク

「24時」の利点と欠点

一方、24時と書いた時、正午と間違われることはまずありません

ですが、24時は日付があいまいですよね。例えば、7月7日の24時と言った場合、これは7月6日が7月7日になった時刻でしょうか、それとも7月7日が7月8日になった時刻でしょうか。

正解は後者です。わかりにくいですよね。

そこで、誤解を避けるために7月8深夜0時(7月7日24時)などと表記することが多くあります。

なお、24時間制では23時59分の次は0時0分です。24時という表現は24時間制で表せる範囲を超えています。なので、本来は0時という表現が正しく、24時というのは間違った表現です。

まとめ

以上、この記事では、「0時」と「24時」の違いについて解説しました。

  • 0時:昼の12時と誤解されやすい
  • 24時:日付が誤解されやすい

0時と24時。この2つの言葉は同じようで違っていたんですね。今度からこの言葉を使う時は、誤解されないよう表現に気をつけていきたいですね。

スポンサードリンク