同じ色じゃない!「グレー」と「チャコール」の違い

違いのギモン

「グレー」という色は日本語に訳すと灰色のことなので、みなさんがよく知る色だと思います。ねずみ男などがこの色をしていますよね。

また、「チャコール」という色は「グレー」ほどの知名度はありませんが、ファッションに詳しい人ならばよく聞く色だと思います。

ところで、「グレー」と「チャコール」は同じような色というイメージがありますが、本当に同じ色なのでしょうか。

今回はそれについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

結論:違う色

「グレー」と「チャコール」は違う色です。

まず、「グレー」は黒と白を混ぜることによってできる色の総称です。

一方、「チャコール」は一般的には黒に近い灰色のことを指します。

「グレー」をもっと詳しく

グレーは黒と白を混ぜることによってできる色の総称です。

日本ではねずみ色と呼ばれる場合もあります。

そして、グレーは一般的には16進表記では(#797979)、RGBでは(121,121,121)、それからCMYKでは(0,0,0,52)が近い色とされています。

 

ちなみに、色の16進表記とは、「♯」の記号の後に16進法で表した色の三原色の濃さを表記する色の指標です。

そして、基本的には6ケタの英数字で表していますが、はじめの2ケタが赤色の濃さを、まんなかの2ケタが緑色の濃さを、最後の2ケタが青色の濃さを表しています。

また、16進法では0~9までの数字のほかにA~Fの記号が使われます。

そして、色は00の場合が一番薄く、FFの場合が一番濃くなっています。

 

また、RGBとは光の三原色のそれぞれの濃さを3ケタの数字で表記する色の指標です。そして、色の三原色とは赤、緑、青のことですが、光なのでこれらの色が重なり合うほどに色は明るくなります。

そして、CMYKとは4つの色の濃さであらゆる色を表現する色の指標で、これは重なり合うほど暗くなります。ちなみに、4つの色はシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックです。

そして、この色の指標は印刷業界でよく使われています。

スポンサードリンク

「チャコール」をもっと詳しく

チャコールは一般的には黒に近い灰色のことを指します。

この色はチャコールグレーやチャコールブラックと呼ばれる場合もあります。

そして、一般的に黒に近い灰色のことを指してチャコールと呼ぶ場合が多いでしょう。

そのため、数多いグレーの色名のひとつと言うこともできるでしょう。

 

そして、16進表記では(#4E4854)が、RGB表記では(78,72,84)、CMYKでは(7,14,0,67)が近い色になっています。

まとめ

以上、この記事では、「グレー」と「チャコール」の違いについて解説しました。

  • グレー:黒と白を混ぜることによってできる色の総称
  • チャコール:一般的には黒に近い灰色のこと

このように、「チャコール」を指して「グレー」を呼ぶことは可能ですが、「グレー」を指して「チャコール」と呼ぶことはできません。注意して使っていきたいですね。

スポンサードリンク