故事成語「朝三暮四(ちょうさんぼし)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「朝三暮四(ちょうさんぼし)」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「朝三暮四」の意味をスッキリ理解!

朝三暮四(ちょうさんぼし):目先の違いにとらわれて、実質的には同じであることに気づかないこと

「朝三暮四」の意味を詳しく

「朝三暮四」とは、目先の違いにとらわれて、実質的には何も変わらないことに気づかないことです。また、その心理を利用して人を上手くだますことも「朝三暮四」と言います。

似た字面の言葉に「朝令暮改(ちょうれいぼかい)」がありますが、こちらは「朝三暮四」とは全く違う意味です。「朝令暮改」は、方針何度も変わって定まらないことを指す言葉です。混同しないように注意しましょう。

スポンサードリンク

「朝三暮四」の使い方

  1. 商品の値段が下がって喜んでいたが、その分送料が上がっていた。まさに朝三暮四だ。
  2. 消費減税で喜んでいたのも束の間、物価上昇が促進された。これでは朝三暮四だ。

「朝三暮四」の由来

「朝三暮四」の出典は、『荘子(そうし)』と『列子(れっし)』という、それぞれ同名の思想家による著書であるとされています。

両著には、宋(中国の王朝の 1つ)の時代にいた狙公(そこう)と飼っていた猿とのやり取りが描かれています。狙公とは、人物の名前ではなく、猿好きの人間のことを指す普通名詞です。以下、それぞれの著書に共通して描かれていた狙公と猿たちとのやり取りです。

 

飼っていた猿をこよなく愛していた狙公でしたが、ある時家庭が貧困状態になり、猿に与える餌を減らす必要に迫られました。その時狙公は、与える餌を朝に 3つ、そして夕方に 4つにする旨を伝えました。それを聞いた猿は、怒ったと言います。

そこで、狙公は続けて、朝に 4つ、夕方に 3つ餌を与えるのはどうかと猿に聞きます。すると、猿は先ほどとは打って変わって喜んだと言います。

 

以上が両著に描かれていた話です。「朝三暮四」は朝夕の餌の数をそのまま熟語に変換した言葉です。ですが、出来事に対する意味付けの仕方がそれぞれの著書で異なります。

『荘子』の方では、1日に与えられる餌の合計は変わらないにもかかわらず、朝の餌の数が増えたことだけにとらわれて感情に変化が起きた猿に焦点が当てられています。つまり、目先の違いにとらわれてしまい、結果が変わらないことに気づかないでいるという点を『荘子』は強調しているのです。

一方、『列子』では、狙公側の視点から意味付けがなされています。狙公は、餌が減るという事実を猿に伝える際に、2つの選択肢を提示して朝の餌の数を変化させることで猿を喜ばせました。つまり、『列子』では、上手い言葉で相手をだますという意味が「朝三暮四」に込められているのです。

スポンサードリンク

「朝三暮四」の類義語

朝三暮四には以下のような類義語があります。

  • 朝四暮三(ちょうしぼさん):朝三暮四に同じ

「朝三暮四」の英語訳

朝三暮四を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • six of one and half a dozen of another
    (6と半ダース)
  • being preoccupied with immediate differences without realizing that there are no differences in substance
    (目先の違いにとらわれて、実質的に違いはないということに気づかずにいる)

“six of one and half a dozen of another” は、6と半ダースは違う言い方をしているものの実際はどちらも6であり、つまりは何も変わらないということを言っています。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「朝三暮四」について解説しました。

読み方 朝三暮四(ちょうさんぼし)
意味 目先の違いにとらわれて、実質的には同じであることに気づかないこと
由来 『荘子』と『列子』の記述
類義語 朝四暮三
英語訳 six of one and half a dozen of anotherなど

実質的な違いにも目を向ける上での戒めとして、「朝三暮四」という言葉を覚えておくのも良いでしょう。

スポンサードリンク