四字熟語「心頭滅却(しんとうめっきゃく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「心頭滅却(しんとうめっきゃく)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「心頭滅却」の意味をスッキリ理解!

心頭滅却(しんとうめっきゃく):心が無の境地に至ること

「心頭滅却」の意味を詳しく

心頭滅却とは、心が無の境地に至ることを表します。「心頭」は「心の中」を、「滅却」は「すっかりなくなること」を意味します。また、心を無にするほど集中すれば、どんな困難でも乗り越えられるという意味合いも含んでいます。

故事成語から派生した四字熟語で、日常生活からビジネスシーンまで幅広く使われています。

 

スポンサードリンク

「心頭滅却」の使い方

  1. 心頭滅却して仕事に精進する。
  2. 心頭滅却すれば、どんな苦難も乗り越えていけるだろう。

①では、苦しみを感じなくなるほど無我夢中で仕事に集中することを「心頭滅却」と言っています。いわゆる社畜魂と呼ばれるものです。

②では、雑念を取り払って心を無に出来れば、苦しい時も耐えていけるということが述べられています。悟(さと)りを開くことを目指す仏教においても、「心頭滅却」は重要な概念です。

「心頭滅却」は、本来「人としての心を失う」という意味ではなく、「心を整える」という意味で使われます。「無感情」などのマイナスの意味とは異なり、肯定的な表現として使われることが多いため、注意しましょう。

 

「心頭滅却」の由来

古くは中国の詩人である杜筍鶴(とじゅんかく)の詩にみられます。

杜荀鶴が著した『夏日悟空上人(かじつごくうしょうにん)の院に題す』という詩の一節に、次の言葉が登場します。

 

心頭を滅得(めっとく)すれば火も自(おのずか)ら涼し
(心を無にすれば、熱い火も自然と涼しく感じられる)

 

この言葉が日本に伝わり、故事成語「心頭滅却すれば火もまた涼し」として成立しました。

また、日本で知られるようになったのは、大河ドラマ「軍師官兵衛」でも描写された仏教僧、快川(かいせん)の逸話にあります。快川は戦国時代、甲斐(現在の山梨県)の武田信玄に仕えており、武田家の相談役も務めた名僧です。

1582年、織田・徳川軍と武田軍が対峙した「長篠の戦い」の際、快川は武田軍側の寺の住職でした。しかし、武田軍を攻めた織田軍によって寺は焼き討ちに遭ってしまいます。燃え上がる山門の上で、快川は上記の語句を唱えながら焼死したそうです。

快川は山門の上で弟子たちに、「この機に臨んでどう法輪を転ずるか、一句言ってみよ」と呼びかけました。そして最後に快川が「心頭滅却すれば、火自ずから涼し」と唱えて炎の中へと飛び込んでいったとつたえられています。

スポンサードリンク

「心頭滅却」の類義語

心頭滅却には以下のような類義語があります。

  • 則天去私(そくてんきょし):小さな私心にこだわらず、身を天地自然にゆだねて生きること。
  • 明鏡止水(めいきょうしすい):邪念のない、落ち着いて澄みきった心の状態。
  • 大悟徹底(だいごてってい):煩悩(ぼんのう)=「心の迷い」を捨て去り、悟りを開くこと。
  • 虚心坦懐(きょしんたんかい):気持ちが素直でさっぱりしている状態。
  • 無念無想(むねんむそう):無我の境地に達すること。

仏教と関わるものが多いですね。仏教は、悟りを開いて無我の境地にたどり着くことを目的としています。

「心頭滅却」の対義語

心頭滅却には以下のような対義語があります。

  • 疑心暗鬼:取るに足りないことを疑い、不安になること。
  • 意馬心猿(いばしんえん):心が煩悩や欲にまみれている状態。

仏教の世界では、「煩悩」は人間の心身を悩ませ汚すものとして忌避されます。特に「強欲さ」「憎悪」「迷い、惑い」の三つは三毒と呼ばれ、悟りを妨げるものとされています。

したがって、心頭滅却の対義語は、「三毒」にまみれた状態であることを意味する言葉になります。

スポンサードリンク

「心頭滅却」の英語訳

心頭滅却を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • innocent
    (無心の)
  • unselfish
    (無欲の)
  • calm
    (落ち着いた)

英語圏は、仏教をバックグラウンドに持つ国は少ないため、日本とはニュアンスが少し異なってしまいます。近い意味としては、キリスト教の聖書でしばしばLeave your heart(心のままに)という言葉が見られます。「(無心で)イエス様に従って」などと訳されます。

まとめ

以上、この記事では「心頭滅却」について解説しました。

読み方心頭滅却(しんとうめっきゃく)
意味心が無の境地に至ること
由来中国の詩人・杜筍鶴の詩
類義語明鏡止水、虚心坦懐、則天去私など
対義語疑心暗鬼、意馬心猿など
英語訳innocent,unselfish,calmなど

心頭滅却は、仏教国日本で古くから大事にされてきた精神の一つです。ぜひ覚えてみてください。

スポンサードリンク