四字熟語「行雲流水(こううんりゅうすい)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「行雲流水(こううんりゅうすい)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「行雲流水」の意味をスッキリ理解!

行雲流水(こううんりゅうすい):物事にこだわらず、自然に成り行きをまかせること。また、自由気ままに行動すること

「行雲流水」の意味を詳しく

「行雲」は空を移動する雲を、「流水」は流れる水を指します。

つまり、「行雲流水」は、空や水のように決まった形をもたず、自然が移り変わるものを指すのです。このことから、「行雲流水」には「物事に深くこだわらず、ただ自然の成り行きに身をまかせること」という意味があります。また、雲や水のように、自由気ままな旅人などを例える語としても用いられます。

さらに、禅宗では、いろいろな国を修行する僧のことを行雲流水といいます。その際には、行雲流水を省略して「雲水(うんすい) 」ともいいます。

 

「行雲」と「流水」の順番を入れ替えて、「流水行雲(りゅうすいこううん)」ともいいますが、一般的には「行雲流水」の方がよく使われます。

スポンサードリンク

「行雲流水」の使い方

  1. 全力を尽くしたのだから、あとは行雲流水のごとく、自然に身をまかせるしかない。
  2. 出家した者はみな、物事への執着がなくなり、行雲流水の境地に達する。
  3. 姉は行雲流水な人で、一年の半分は日本にいない。

①と②の例文では、行雲流水を、「物事にこだわらず、自然に成り行きをまかせること」という意味で使用しています。

③の例文では、姉が「自由気ままに行動する」ということを、行雲流水という語で表現しています。

行雲流水は、前向きな意味で使われることが多いといえます。ちなみに、坂口安吾(さかぐちあんご)の小説にも、『行雲流水』という題名の作品があります。

「行雲流水」の由来

行雲流水の出典は、『宋史(そうし)』に収録されている「蘇軾伝(そしょくでん)」です。

11世紀後半の北宋に、政治家であり文学者でもある蘇軾という人がいました。

蘇軾は、推官(すいかん)という役職に就いた与謝民(しゃみん)に、『与謝民師推官書(しゃみんしすいかんにあたうるのしょ)』という文書を贈りました。

文書の内容は、「文を作るときは空を行く雲や流れる水のように、決まった形があるわけではない。自然の成り行きに任せ、行くべきところへ行き、止まるべきところで止まるのだ」というものです。

 

水や雲のように流れに任せれば、良い文章が書けるという意味です。つまり、行雲流水とは、もとは文章を書くときの心構えだったのです。そこから、より広い意味で使われるようになりました。

スポンサードリンク

「行雲流水」の類義語

行雲流水には以下のような類義語があります。

  • 雲水行脚(うんすいあんぎゃ):僧がいろいろな国を巡り歩きながら、仏教の修行をすること
  • 雲遊萍寄(うんゆうひょうき):物事に執着せずに、自然にまかせて行動すること
  • 雲水不住(うんすいふじゅう):雲や水のように、一か所にとどまらないこと
  • 一所不住(いっしょふじゅう):一定の場所に住まないでいろいろな国を回ること

上に挙げた類義語はすべて、行雲流水と同じく、禅宗の僧を意味します。

「雲水行脚」の「行脚(あんぎゃ)」とは、僧が修行のために旅をすることです。「雲遊萍寄」の「萍(ひょう)」とは、浮き草のことです。

「雲水不住」の「不住」は、文字通り、一か所に住みとどまらないことを意味します。

「行雲流水」の対義語

行雲流水には以下のような対義語があります。

  • 定雲止水(ていうんしすい):雲も水も止まった静かな状態

スポンサードリンク

「行雲流水」の英語訳

行雲流水を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • floating with the tide
    (行雲流水、自然にまかせる)
  • let it be
    (なるがままに)
  • let it go
    (あるがままに)

“floating with the tide” の “float” は「浮く」という意味の動詞です。また、 “tide” は「潮(しお)の流れ」という意味の名詞です。

つまり、「潮と一緒に浮かぶ」というような意味です。自然に身をまかせるという意味ではぴったりな英語訳です。

まとめ

以上、この記事では「行雲流水」について解説しました。

読み方行雲流水(こううんりゅうすい)
意味物事にこだわらず、自然に成り行きをまかせること。また、自由気ままに行動すること
由来『宋史』の「蘇軾伝」にある『与謝民師推官書』
類義語雲水行脚、雲遊萍寄など
対義語定雲止水など
英語訳floating with the tide(行雲流水、自然にまかせる)

物事にこだわらず、自然体で生きることは、簡単なことではありません。

しかし、いろいろな経験をしたり、年を重ねたりすることで、行雲流水な生き方ができるようになるでしょう。

スポンサードリンク