四字熟語「天真爛漫(てんしんらんまん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「天真爛漫(てんしんらんまん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「天真爛漫」の意味をスッキリ理解!

天真爛漫(てんしんらんまん):純粋かつ無邪気であり、ありのままの自分でいること。

「天真爛漫」の意味を詳しく

「天真爛漫」は「天真」と「爛漫」の2つの熟語から成り立っています

まず、「天真」は「素直で無邪気な性格をしていて、純粋であること」を指します。また、「爛漫」は「ありのままの姿で生き生きとしていること」を表します。

したがって、「天真爛漫」とは「純粋かつ無邪気であり、ありのままの自分でいること」という意味をもつのです。

スポンサードリンク

「天真爛漫」の使い方

「天真爛漫」は、人物の性格や様子を表す言葉です。このため、「天真爛漫としている」「天真爛漫な〇〇」といったかたちで使われます。

この点を踏まえて、以下の例文を紹介します。

  • 近所に住んでいる天真爛漫な女の子は、とても可愛らしい。
  • 天真爛漫としている行動は人々を突きつける。
例文からもわかるように、「天真爛漫」は他の人への褒め言葉として使うことが多いのです。それだけ「天真爛漫」は魅力的な様子を表すのですね。

「天真爛漫」の類義語

「天真爛漫」には以下のような類義語があります。

  • 天衣無縫(てんいむほう):いつも自然体であること
  • 純粋無垢(じゅんすいむく):素直で純粋であること
  • 純真無垢(じゅんしんむく):素直で純粋であること

なお、「天衣無縫」は「完全で美しいこと」を表す場合もあります。

スポンサードリンク

「天真爛漫」の英語訳

「天真爛漫」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • artlessness
    (無邪気で、かつ素朴であること)
  • naturalness
    (素直で自然であること)
  • simple and innocent
    (無邪気であること)

“artlessness” はあらたまった場面や文章で使います。ですから、カジュアルな場面では “naturalness” や “simple and innocent” を使いましょう。

まとめ

以上、この記事では「天真爛漫」について解説しました。

読み方天真爛漫(てんしんらんまん)
意味純粋かつ無邪気であり、ありのままの自分でいること。
類義語天衣無縫、純粋無垢、純真無垢
英語訳simple and innocent(無邪気であること)など

気取らずに「天真爛漫」とした自分になれば、リラックスできますね。また、周囲の人を惹きつける魅力にもなるのです。

スポンサードリンク