「自由闊達」の意味とは?類語や英語までわかりやすく解説

言葉

自由闊達とは「細かいことにこだらわらず、広い心で自分の思うままに振る舞うさま」という意味です。

自由闊達は、日常会話の中であまり聞かない言葉のため、意味を知らない人も多いのではないでしょうか。

正しい意味と使い方を知っておきたいですよね。

そこで、この記事では、自由闊達の意味や使い方を詳しく解説します。

「自由闊達」の意味

自由闊達じゆうかったつ

細かいことにこだらわらず、広い心で自分の思うままに振る舞うさま

自由闊達は、「小さいことにこだわらず、広い視野で物事を捉えて、のびのびと思うままに行動すること」を表します。

自由 “豁” 達と表記することもあります。

ここからは、自由と闊達に分けて解説します。

「自由」の意味

自由は、「何にも縛られず、自分の心のままに行動すること」という意味です。

細かく分けると、以下の4つの意味があります。

自由じゆう

  1. 自分の思うままに振る舞うこと
  2. 自分勝手でわがままであること
  3. 哲学用語で、自主的に行うことができること
  4. 法律で認められる範囲内のこと

自由奔放では、①の「自分の思うままに振る舞うこと」という意味で使われています。

自由の漢字には、それぞれ以下のような意味があります。


  • 思いのまま

  • したがう

「闊達」の意味

闊達かったつ

  • 心が広く、細かいことにこだわらないこと

闊達は、「器が広く、小さなことにこだわらないこと」を表します。

闊達の漢字には、それぞれ以下のような意味があります。


  • 広い。大きい

  • 道が通れるようになる

「闊達(かったつ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

つまり、自由闊達は、自由と闊達を組み合わせることで、「細かいことにこだらわらず、広い心で自分の思うままに振る舞うさま」を表します。

「自由闊達」の使い方

自由闊達は、細かいことにこだらわらずのびのびとした状況を表す時に、ポジティブな意味で使います。

自由闊達は、以下のような言い回しでよく使います。

  • 自由闊達な〇〇
    〇〇には名詞が入る
  • 自由闊達に〇〇
    〇〇には動詞が入る

上記を踏まえた上で、例文を見てみましょう。

例文
  1. 彼は自由闊達な性格なので、しょっちゅう海外旅行に出かける。
  2. 母は自由闊達な気質だから、きっと笑って許してくれるだろう。
  3. 会議で斬新なアイディアを出すためには、自由闊達な雰囲気作りが必要だ。
  4. 御社の自由闊達な社風に惹かれました。
  5. 私の母校は、文化祭の進行を生徒たちにほとんど任せるなど、自由闊達な校風で有名だ。
  6. インターンシップ先のような、自由闊達な職場で働きたいと思った。
  7. 自由闊達な組織では新しいアイディアが生まれやすい。
  8. 自由闊達な議論をしたいので、この会議では毎回席替えをしたいと思います。
  9. 部署にとらわれず、社員の皆さんの自由闊達な意見をお待ちしています。
  10. だから、あなたもわが東北文化のために大いに自由闊達に、当時の思い出話を語って下さい。
    [出典:太宰治『惜別』]
ネガティブな意味では使わない

自由闊達は、「細かいことにこだらわらず、広い心で自分の思うままに振る舞うさま」という意味です。

他人のことを考えず、自分の利益や都合だけを考える「自分勝手」のようなネガティブな意味では使いません。

「自由闊達」の類義語

自由闊達には以下のような類義語があります。

「自由闊達」と「自由奔放」の違い

自由闊達と自由奔放には以下のような違いがあります。

  • 自由闊達
    心が広く物事にこだわらないこと
  • 自由奔放
    何にもとらわれず、自分の思うままに振る舞うさま

つまり、自由奔放と自由闊達は「心が広い」という意味を含むかどうかが異なります

「自由闊達」の対義語

自由闊達には以下のような対義語があります。

  • 杓子定規(しゃくしじょうぎ)
    全てをひとつの基準に当て嵌めようとする、融通のきかないやり方のこと
  • 頑迷固陋(がんめいころう)
    考え方が柔軟でなく、正しい判断ができないこと
  • 守株待兎(しゅしゅたいと)
    ①古いしきたりに縛られて、融通がきかないこと
    ②偶然を当てにする愚かさのこと
  • 尾生之信(びぜいのしん)
    ①約束を守りぬくこと
    ②正直すぎて機転がきかないこと

「守株待兎」の意味

守株待兎は、「古いしきたりに縛られて、融通がきかないこと」という意味です。

守株待兎の由来は、以下の文章です。

(かぶ)をりて
木の切り株に隠れて、兎を待つ

つまり、守株待兎は、ウサギが偶然出てくるのをひたすら待つように、「偶然の幸運を当てにする愚かさ」を表します。

転じて、「古いしきたりを守ることに縛られて、その場で適切な対応ができないこと」を表します。

「尾生之信」の意味

尾生之信は、「約束を守りぬくこと」「正直すぎて機転がきかないこと」という意味です。

尾生之信は以下のように成り立っています。

  • 尾生:人の名前
  • :〜の
  • :相手の言葉を疑わないこと

尾生之信の由来は、中国春秋時代の以下のような逸話です。

尾生という人物が、ある女性と橋の下で会う約束をしました。

尾生は橋の下で待ちましたが、約束の時間になっても女性は現れず、待っているうちに大雨が降ってきて川の水が溢れてきました。

しかし、尾生はその場を立ち去らず、ずっと橋の下で女性を待ち続け、ついには橋の柱に抱きついたまま溺れて死んでしまいました。

このエピソードから、尾生之信は、「約束を守りぬくこと」と「正直すぎて機転がきかないこと」の2つの意味をもちます。

「自由闊達」の英語訳

自由闊達を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • generous
    (気前が良い)
  • laid-back
    (のんびり)
  • easy-going
    (のんきな)
  • broad-minded
    (心が広い)
  • free and easy
    (くつろいだ)
  • free and vigorous
    (自由で活発な)
  • open and natural
    (開放的で自然な)
  • openhearted
    (開放的な)
  • not fastidious
    (気難しくない)
  • frank
    (率直)
  • lively
    (生き生きとした)
  • active
    (活動的)
  • brisk
    (活発)

「自由闊達」のまとめ

以上、この記事では自由闊達について解説しました。

読み方自由闊達(じゆうかったつ)
意味細かいことにこだらわらず、広い心で自分の思うままに振る舞うさま
類義語闊達自在
天空開闊
明朗闊達 など
対義語杓子定規
頑迷固陋
守株待兎 など
英語訳generous(気前が良い)
laid-back(のんびり)
easy-going(のんきな) など

自由闊達は、ポジティブな意味で使います。

自由という言葉を強調したい場合は、自由闊達を使ってみると良いでしょう。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。