「自負(じふ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「自負(じふ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「自負」の意味をスッキリ理解!

自負(じふ):自分の才能や仕事に自信を持ち、誇りに思うこと

「自負」の意味を詳しく

「自負」は自分の才能・業績・仕事などに自信や誇りを持つことを表します。自分自身が身につけた経験やスキル、才能などのさまざまな事柄に対して使用できます。より強い自信を表したいときに効果的な表現です。

「自負」は、「自信と誇りを持つ」という意味があるため、偉そうでマイナスなイメージがあると勘違いされがちです。しかし「自負」には悪い意味はなく「自信を持ち、誇らしく思う」という肯定的な意味で使われます。

イメージにとらわれずに、自信を表すときに使用しましょう。

「自負」の類義語と勘違いされやすい熟語

「自負」には、似た意味を持っていると勘違いされる熟語が多くあります。しかし、若干のニュアンスの違いがあります。

  • 自負:自分の能力や価値を信じるだけでなく、誇りを持つこと
  • 自信:自分で自分の能力や価値などを信じること
  • 自惚れ:実際以上に自分が優れていると思い込んで得意になること
  • 矜持(きょうじ):自分の能力を信じていだく誇りやプライド
「自負」は、「自分に自信を持つ」という意味だけでなく、「他人と比べて自分は優れている」といったニュアンスを含んでいます。

一方、「自信」「自惚れ」「矜持」は、「自分自身の能力などに自信や誇りを持っている」という状態だけを指す部分で「自負」の意味との違いがあります。

このように「自負」は、「ある程度以上のレベルや価値がある事柄」に対して用います。覚えておきましょう。

「自負心」とは

「自負」と「心」を組み合わせた「自負心」という熟語は、「自信と誇りを持つ心」を表します。

「自負」とほとんど同じ意味を持っていますが、文章で頻繁に使用されます。

例文
  • 監督の自負心がチームを引っ張っている。
  • 数学は誰にも負けないという自負心がある。
1つの表現方法として覚えておきましょう。

「自負」の使い方

  1. 御社への愛は誰にも負けないと自負しています。

①の例文では、自己アピールの際に「自負」を使用しています。相手に自分の強みを伝える時に有効な表現です。「これには自信があります」と伝えるよりも、「~と自負しています」と表現した方が相手によい印象を与えることができます。

「自負」には、謙譲のニュアンスが含まれています。「自負しています」ということで、威張ることなく「自信のあること・誇りを持っていること」を伝えることができます。

「自負」の言い回し

「自負」には、多様な言い回しが存在します。

  • 自負する。
  • 自負がある。
  • 自負を持つ。
  • 自負している。
  • 自負しております。
  • 自負の念を抱く。
一般的な表現は「自負する」ですが、相手によっては「(自分の努力の成果であると)自負する」と表明すると、少し傲慢でマイナスなイメージがあると捉えられる可能性があります。状況や使用する相手に応じて注意しましょう。

「自負」の語源

「自」は「自己」、「負」は「背中に宝をのせる(大切なものを背負う)」という意味を持っています。

あまり知られていませんが、「負」は「宝をのせる」という意味が徐々に変化し「頼みとする・背を向ける・まける」などの意味になりました。

「自負」は「自信と誇りを持つ」という意味なのでなんとなく偉そうな感じがしますが、「負ける」という言葉が使われているので、「自負」は謙譲語ではありませんが謙譲表現にあたります。

「自負」の類義語

自負には以下のような類義語があります。

  • 誇り:誇ること・みずからそれを名誉とする感情
  • 自慢:自分に関係の深いものを自分で褒め、人に誇ること
  • プライド:誇り・自尊心

上記の3つの類義語は、「自負」同じ意味だと勘違いされがちです。しかし、「自負」は「他人と比べて自分は優れている」といニュアンスを含んでいて、純粋な感情のみを指す「誇り」「自慢」「プライド」とは意味が異なります。

「自負」の対義語

自負には以下のような対義語があります。

  • 謙遜:へりくだって素直に相手の意見などを受け入れること
  • 劣等感:自分が他人より劣っているという感情
  • 卑屈:いじけて、必要以上に自分をいやしめること
  • 謙虚:へりくだって素直に相手の意見などを受け入れること

「自負」の英語訳

自負を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • take pride in
    (~を自慢や誇りに思っている)
  • pride
    (誇り)

「自負」には2種類の英語で表現されますが、文章で使う場合には、 “take pride in” が一般的です。

例文
  • take pride in my skill.(自分のスキルには自負がある)

まとめ

以上、この記事では「自負」について解説しました。

読み方自負(じふ)
意味自分の才能や仕事に自信を持ち、誇りに思うこと
語源「自」と「負」の組み合わせから
類義語誇り、自慢、プライド
対義語謙遜、劣等感、卑屈、謙遜
英語訳take pride in

「自負」は、「自分の才能や仕事に自信を持ち、誇りに思うこと」という意味を持っていますが、意味を勘違いされやすい熟語です。

「自信」「プライド」のように「自分を誇らしいと思う感情」だけでなく、「他人と比べて自分は優れている」といニュアンスを含んでいることを頭に入れておきましょう。