四字熟語「是々非々(ぜぜひひ)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「是々非々(ぜぜひひ)」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「是々非々」の意味をスッキリ理解!

是々非々(ぜぜひひ):物事に対して、公平公正に判断をすること。

「是々非々」の意味を詳しく

「是々非々」の意味は、「良いことははっきりと良いといい、悪いことははっきりと悪いという、公正で公平な判断を行う」ことです。

「是」は「良いこと」「正しいこと」を意味し、「非」は「良くないこと」「間違ったこと」を意味します。「非を認める」「是非も無い」など、他の言葉でも使われていますよね。

「是々非々」は事の善悪に対して、客観的に適切な判断を下すという事なのです。

似た言葉に「是非」というものがありますが、これは単に「良いことと悪いこと」を表す言葉です。「是非お願いします」など、強い希望を示す時にも使われます。「是非」は「是々非々」の意味と直接の関係は無く、「物事を公平公正に判断する」という意味は無いため注意しましょう。

スポンサードリンク

「是々非々」の使い方

「是々非々」は日常生活ではあまり使われません。主に政治やビジネスのシーンで用いられることが多いです。使い方の例を以下に示します。

  1. 職場では是々非々な空気があったほうが身が引き締まる。
  2. あの政治家は是々非々で話し合うつもりだ。
  3. 厳粛(げんしゅく)な司法の場では、是々非々の態度を貫くことが求められる。

テレビを見ていると、政治や経済、犯罪報道のニュースなどで「是々非々」という言葉を聞くことがあるかもしれません。日常生活で使うことはあまり無いかもしれませんが、覚えておけば少ない言葉で多くの情報を相手に伝えることができます。四字熟語の良いところですね。

「是々非々」の由来

是々非々は、古代中国の思想家である荀子(じゅんし)の言葉にその由来を持ちます。

荀子は自身の著作の中で、「是を是とし、非を非とすることを智とし、是を非、非を是とすることを愚と言う」と述べています。

つまり「正しいこと」(是)を正しいとして、「間違っていること」(非)を間違っているとするのは賢いことであり、正しいことを間違いに、間違いを正しいことにしてしまうのは愚かなことである、と言っているのです。

この荀子の言葉が由来となって、「是々非々」という四字熟語が生まれました。

スポンサードリンク

「是々非々」の類義語

是々非々には以下のような類義語があります。

  • 公平無私(こうへいむし):公平であり、私的な事情を挟まないこと。
  • 公明正大(こうめいせいだい):私情を挟まず、公正に何かを行うこと。
  • 厳正中立(げんせいちゅうりつ):公正を守り、中立の態度を貫くこと。
  • 心地光明(しんちこうめい):清く正しく、少しも私心が無いこと。
  • 無私無偏(むしむへん):個人的な感情に流されず、公正公平に物事を判断すること。

「正しいこと」「私心が無いこと」「公正公平なこと」といった意味の四字熟語が「是々非々」の類義語となります。「公明正大」などは耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。

「是々非々」の対義語

是々非々には以下のような対義語があります。

  • 専断偏頗(せんだんへんば):正しいと思い込み、考えが偏っている様子。
  • 不正不公(ふせいふこう):正しくない上に、平等では無く不公平なこと。

反対に「不公平なこと」「偏っていること」といった意味の言葉が対義語となります。漢字から意味が連想できてしまいます。

スポンサードリンク

「是々非々」の英語訳

是々非々を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • do what is right
    (正しいことをする)

実は英語圏には、明確に日本語の「是々非々」に相当する表現は存在しないのです。これには文化的な違いがあります。

英語圏では自分自身で物事の判断をつけるのが当たり前ですから、わざわざ「正しい判断をする」という表現を作る必要がなかったのです。英語圏の方に「是々非々」の意味を説明すれば、きっとそんなことは当たり前だと言われてしまいます。日本よりも「個人」を大切にする英語圏らしいですね。

あえてニュアンスとして近い表現を挙げるならば、 “do what is right” (正しいことをする)という表現が挙げられます。

まとめ

以上、この記事では「是々非々」について解説しました。

読み方 是々非々(ぜぜひひ)
意味 物事に対して、公正公平に判断すること。
由来 中国の荀子の言葉から。
類義語 公平無私、公明正大、厳正中立など
対義語 専断偏頗、不正不公など
英語訳 “do what is right” (正しいことをする)

人は周りに流されやすい生き物です。正しくないと思っていることでも、周りの人間が賛同していると、自分に嘘をつき間違った判断をしてしまうことがあります。そんな中で是々非々な態度を貫くのはとても勇気のいることです。

しかし自分を騙し続けるのは苦痛です。勇気を持って物事の是非を判断できるようになれば、人生をより正直に、楽しく送ることができるでしょう。

スポンサードリンク