「是非(ぜひ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「是非(ぜひ)」です。

言葉の意味・「是非」と「ぜひ」の違い・敬語として使えるか・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「是非」の意味をスッキリ理解!

是非(ぜひ):正しいかどうか。また、願いの強さを示す語。

「是非」の意味を詳しく

「是非」には、以下のような2つの意味があります。

「是非」の2つの意味
  1. 【名詞】正しいかどうか
  2. 【副詞】心を込めて強く願うさま

それぞれの意味について、「是非」の漢字の成り立ちとともに詳しく見ていきましょう。

意味①:【名詞】正しいかどうか

名詞の「是非」は「正しいかどうか」という意味です。

このような意味があるのは、「是非」の漢字が以下のような意味だからです。

「是非」の漢字の意味
  • :正しいこと
  • :間違っていること

漢字の意味がそのまま言葉の意味になっていることがわかります。

また、文脈によっては、「物事が正しいかどうかを議論し判断すること」というニュアンスを持つこともあります。

意味②:【副詞】心を込めて強く願うさま

副詞の「是非」は「心を込めて強く願うさま」という強調の意味です。

気持ちの強さを強調したい時に使われます。

この意味の「是非」は「是が非でも」という表現を短くしたものです。

漢字の意味からして「正しくても間違っていても」という意味になるので、かなり強めのお願いというニュアンスを持ちます。

「是非」と「ぜひ」の違い

「是非」は漢字で表記しても、ひらがなで表記しても、特に間違っているわけではありません。

ただ、以下のように使い分けられるのがふつうです。

「是非」と「ぜひ」の違い
  • 是非:「正しいかどうか」という名詞の意味の時に使われる
  • ぜひ:「心を込めて強く願うさま」という副詞の意味の時に使われる

「ぜひ、よろしくお願いします」などのように、副詞として使う時にひらがなにするのです。

ただ、ビジネスなどの改まった場面では、副詞の意味でも「是非ご覧ください」などのように、漢字で用いられることがあります。

迷ったら漢字で表記すると無難でしょう。

「是非」は敬語として使える?

「是非」を敬語として使うことに、大きな問題はありません。

ただ、「心を込めて強く願うさま」という副詞の意味の場合、やや自分の意見を相手に押し付けるようなニュアンスがあります。

一度の使用なら問題ありませんが、何度も連続して使用すると、「押し付けがましくして失礼だ」と感じる人もいます。

目上の人に対して「是非」を使う時には、「何卒」「くれぐれも」など別の表現と一緒に用いると、押し付けがましさを軽減することができます。

 

また、「正しいかどうか」という名詞の意味の場合は、敬語として使う時に特に注意点はありません。

「是非」の使い方

「是非」の使い方を以下のような表現別に見ていきましょう。

  • 是非に及ばず
  • 是非も知らず
  • 是非とも
  • 是非是非
  • 是非を問う
  • 是非お願いします

「是非に及ばず」の使い方

「是非に及ばず」とは、「当否や善悪をあれこれ論じるまでもなく」という意味です。

「どうしようもない」「仕方がない」といったニュアンスです。

織田信長が戦で口にした言葉として有名です。

他の「是非」を用いた表現である「是非もない」や「是非にかなわず」も同じ意味を持っています。

例文
あの人が復讐しに来たのは、これまでの私の行動を考えれば是非に及ばない。

「是非も知らず」の使い方

「是非も知らず」とは、「我を忘れて夢中になって」という意味です。

例文
是非も知らず1日中、仕事に没頭していた。

「是非とも」の使い方

「是非とも」は誰かに強くお願いする時の表現です。

副詞の「是非」はひらがなで表記するのがふつうですが、「是非とも」の場合は漢字で表記されることのほうが多いです。

例文
是非とも、弊社のサービスをご利用ください。

「是非是非」の使い方

「是非是非」は「必ず・どうしても」という意味です。

「是非」を2つ並べることで、「是非」を1つだけ用いた時よりも強く強調する表現になっています。

例文
彼は「是非是非」と言いながら、お土産のお菓子を配っていた。

「是非を問う」の使い方

「是非を問う」はある物事について、良いことか悪いことか、賛成か反対かについて問いかける表現です。

例文
A国で憲法改正の是非を問う国民投票が行われた。

「是非お願いします」の使い方

「是非お願いします」は強くお願いする時の表現です。

この時の「是非」は副詞なので、「ぜひお願いします」とひらがなで表記されることも多いです。

例文
私への投票を、是非お願いします。

「是非」の類義語

「是非」の類義語を意味別にまとめると、以下のようになります。

「正しいかどうか」の意味の類義語
  • 可否(かひ): 良いか良くないか。事の良し悪し(よしあし)
  • 適否:適することと適さないこと
  • 当否:道理に合うことと合わないこと
  • 白黒:正しいか間違っているか
  • 良し悪し:良いことか悪いことか
  • 正誤:正しいことか誤っていることか
「心を込めて強く願うさま」の意味の類義語
  • 何卒(なにとぞ):相手に強く願う気持ちを表す
  • 何が何でも:状況や理由に関わらず
  • どうぞ:相手に丁寧に勧める気持ちを表す
  • 理が非でも:無理にでも
  • くれぐれも:何度も心を込めて忠告・お願いをするさま
  • 雨が降ろうが槍が降ろうが:どんなことがあっても

「是非」と「可否」の違い

「是非」と「可否」には以下のような違いがあります。

「是非」と「可否」の違い
  • 是非:「良いことか悪いことか」が強調された表現
  • 可否:「できるかできないか」が強調された表現

たとえば、「中絶の是非を問う」という表現の場合、「中絶が倫理的に許されるかどうか」という意味になります。

一方、「中絶の可否を問う」という表現の場合は、「今の状況で中絶ができるかどうか」という意味になります。

「是非」の対義語

「是非」には以下のような対義語があります。

  • なるべく:できる限り
  • なるたけ:できる限り
  • できたら:もし可能なら

これらはどちらも「心を込めて強く願うさま」の意味の対義語です。

「是非」の英語訳

是非を英語に訳すと、意味別に次のような表現になります。

「正しいかどうか」の意味の英語訳
  • right and wrong
    (善悪)
  • propriety
    (適否)
「心を込めて強く願うさま」の意味の英語訳
  • at any cost
    (何が何でも)
  • by all means
    (ぜひとも)
  • please do
    (ぜひ~してください)
  • certainly
    (絶対に)
  • absolutely
    (絶対に)

英語で「是非」の「正しいかどうか」という意味を表したい場合、right and wrong propriety を用いましょう。

例えば、「~の是非を論じる」は英語で、 “discuss the rights and wrongs of ~” で表現できます。

 

「ぜひ」のように、願いの強さを強調したい場合は、at any cost などといえます。

文章の最後に付けることで、「どんなに費用をかけても」という強い意味を表せます。

たとえば、「あなたにはぜひその町を訪れてほしい」は、“I want you to visit the town at any cost.” と英訳できます。

まとめ

以上、この記事では「是非」について解説しました。

読み方是非(ぜひ)
意味正しいかどうか。また、願いの強さを示す語。
類義語可否、適否、当否、など
対義語なるべく、なるたけ、できたら、など
英語訳right and wrong(善悪)、at any cost(何が何でも) など

「是非」には、2つの意味があるので少し紛らしい言葉かもしれません。

「是非」という言葉を使う場面が来た時のために、意味と使い方をぜひ理解しておきましょう。