「何卒(なにとぞ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「何卒(なにとぞ)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「何卒」の意味をスッキリ理解!

何卒(なにとぞ):相手に対して強く願い望む気持ち

「何卒」の意味を詳しく

「何卒」は「相手に対して強く願い望む気持ち」を表します。「どうか」や「どうぞ」を堅くした表現で、相手と少し距離が遠い、または目上の人に使います。

他に「どうにかして(自分が)やる」という意味も存在しますが、現代ではほぼ使われていません。

「なにそつ」ではなく「なにとぞ」と読みます。読み方を間違える人が非常に多いため、注意が必要です。

「何卒」の使い方

  1. 何卒よろしくお願いいたします。
  2. 何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

「何卒」は相手に対しての望みを表す語のため、「お願いする」と組み合わせて使われることが多いです。

また、「何卒」自体がかなりフォーマルな表現でもあることから、「お願いする」の方もかしこまった表現にして使います。

そのため、「何卒」と「よろしくお願いいたします」はほぼセットで使われます。

 

①の例文は、メールなどの文末に定型文としてつけることが大変多いです。この一文を入れるだけで、メール全体が丁寧な印象になります。特に文章自体に意味はありません。

もし具体的にお願いすることがある場合は、②のように「何卒〜〜のほど、よろしくお願いいたします。」や「〜〜くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。」などのように書きます。

「〜〜」には、もっぱら「ご理解」「ご了承」「ご検討」「ご容赦」などが使われます。

「何卒」をつけると「困難なことだとは承知していますが、お願いします」というニュアンスが生まれるため、丁寧な表現になります。

 

なお、メールの終わりなどについている場合は、返信をする必要はありません。

例文②のように何かを依頼されている場合は、「かしこまりました」「承知いたしました」など、少しフォーマルに了承を示します。

「何卒よろしくお願いします」を「何卒よろしくお願い申し上げます」と表記する場合もあります。

意味に大きな違いはありませんが、後者の方が「言うことすら恐れ多い」というニュアンスが含まれるため、より腰が低い表現になります。

基本的には「何卒よろしくお願いします」で問題ありません。

「何卒」の語源

日本に古くからある単語です。「何とか」という、「なんとかして」を意味する単語に、強調の助詞「ぞ」がくっついたところから誕生しました。「何とかぞ」が縮まり「なにとぞ」へと変化したようです。

そのため、「どうにかして(自分が)やる」という意味も残っています。

漢字は当て字です。

「何卒」の類義語

何卒には以下のような類義語があります。

  • 是非(ぜひ)、是非とも(ぜひ-とも):どんなことがあっても
  • どうか:人に心から頼む気持ち
  • どうぞ:人に勧める気持ち

全て、「何卒」より少し柔らかい表現です。目上の人にも使えます。「何卒」は非常に改まった表現ですので、ある程度近しい関係性であれば「是非」や「どうぞ」などの方が適しています。

 

使用する際の注意点ですが、是非は「どんなことがあってもやります」と強く主張するニュアンスが含まれるため、使いすぎるとくどい印象になります。

また、「どうか」と「どうぞ」は少し含まれる意味のニュアンスが異なるため、違いを意識しながら使い分けるように気をつけましょう。

「何卒」の英語訳

何卒を英語に訳すと、次のような表現になります。

  1. kind
    (親切にも)
  2. Thank you for your help.
    (手伝ってくれてありがとう)
  3. I appreciate your kind cooperation.
    (あなたの親切な協力に感謝します)

「何卒」を単体で訳すことはあまり多くありませんが、“I ask for your understanding.“(理解してください)などの文章に“kind“を入れ、“I ask for your kind understanding.“とすると「何卒」の持つニュアンスが伝わります。

また、文末に使う「何卒よろしくお願いいたします。」と完全に対応する表現は存在しないと言われています。その代わりに、②や③などのような形であらかじめ感謝を述べることで、「(大変なことをやってくれて)ありがとう」と、丁寧なお願いを表します。

まとめ

以上、この記事では「何卒」について解説しました。

読み方何卒(なにとぞ)
意味相手に対して強く願い望む気持ち
語源「何とか」+強調の助詞「ぞ」
類義語是非、どうか、どうぞなど
英語訳kind(親切にも)など

「何卒」は、まず読み方を間違える人が多いため、注意しましょう。また、かしこまった場面では使い所がよくある言葉ですので、ぜひとも意味を覚えてくださいね。