「俯瞰(ふかん)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は熟語の「俯瞰(ふかん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「俯瞰」の意味をスッキリ理解!

俯瞰:高所から見下ろして、眺めること

「俯瞰」の意味を詳しく

俯瞰とは、高いところから見下ろして、眺めることを指します。「見下ろす」という意味を持つ二つの漢字が合わさって出来た言葉です。「俯」は、俯く(うつむく)という言葉の通り、下を向くという意味を持ちます。「瞰」は、高いところから下を眺める、または見下ろすという意味を持ちます。

一般的に、山頂や建物、空などとても高いところから、街や下界を眺める際に使われます。例えば、山の頂上から下の景色を見下ろすような、あるいは鳥が空を飛びながら街を見渡すようなイメージです。

「俯瞰」の比喩的な意味

俯瞰には、言葉通りの意味の他に、比喩的な意味があります。それは、客観的に物事を捉えること、または広い視野で物事を見ることです。これらの比喩的な意味は、主にビジネスシーンで用いられる場合が多いです。

この意味が発展して、「俯瞰力がある」という表現が用いられるようになりました。意味は、「客観的な視点で物事の全体像を捉える力がある」です。

スポンサードリンク

「俯瞰」の使い方

  1. ドローンを活用することで、俯瞰的な映像が撮れる。
  2. 高層ビルから俯瞰する夜景はとても綺麗だ。
比喩的な使い方
  1. 社会の流れを俯瞰する。
  2. 今取り組んでいる企画を俯瞰して、問題点を洗い出す。

主にビジネスシーンで、「俯瞰的に見る」という表現を聞いたことがある人も多いでしょう。しかし、厳密に言うとこれは二重表現です。なぜなら、俯瞰は「見る」という意味が元々含まれているからです。

二重表現には明らかに間違いとされるものもあります。その一方で、「歌を歌う」や「踊りを踊る」など、同じ意味を繰り返し使う表現もあるため、「俯瞰的に見る」も必ずしも間違いであるとは言えません。

正確な使い方は「俯瞰する」ですが、現代では一般的に用いられる表現になったため、「俯瞰的に見る」と使っても問題はありません。

「俯瞰」の類義語

「俯瞰」には以下の類義語があります。

  • 鳥瞰(ちょうかん):鳥が空から下を見下ろすように、高いところから広い範囲を見下ろすこと
  • 展望:遠いところまで見渡すこと

俯瞰は現状を客観視する意味を持ちますが、展望は将来を見渡す、またはその見通しという意味を持ちます。このような違いがあるため、使い分けには気をつけましょう。

スポンサードリンク

「俯瞰」の対義語

「俯瞰」には以下の対義語があります。

  • 仰望(ぎょうぼう):仰いで見ること、敬い慕うこと
  • 仰視(ぎょうし):仰ぎ見ること

「俯瞰」の英語訳

「俯瞰」を英語に訳すと以下のような表現になります。

  • overlook
    (見渡す)
  • look down
    (見下ろす)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「俯瞰」について解説しました。

読み方 俯瞰(ふかん)
意味 高所から見下ろして、眺めること
類義語 鳥瞰など
対義語 仰視など
英語訳 overlook(見渡す)

物事を「俯瞰」することができたら、一点集中していた頃には気づかなかった発見ができるでしょう。全体を見渡して、問題点を解決し、よりよく改善できると良いですね。

スポンサードリンク