「客観的(きゃっかんてき)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「客観的(きゃっかんてき)」です。

言葉の意味・語源・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「客観的」の意味をスッキリ理解!

客観的(きゃっかんてき):第三者として物を見たり考えたりすること

「客観的」の意味を詳しく

「客観的」は、第三者として物を見たり考えたりすることという意味です。

詳細には2つの意味に分けることができます。

  1. 主観または主体を離れて独立に存在する様
  2. 特定の立場に捉われず物事を見たり考えたりすること

「客観的」の語源

「客観的」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。

「客観」の意味
  1. 観察・認識などの精神活動の対象となるもの。
  2. 主観から独立して存在する外界の事物。客体。
  3. 当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。また、その考え。
主に、③の意味で使われます。人の考え方について表現する際に用いられます。

「的」は、そのような性質をもったものという意を表します。

「客観的」の使い方

  1. 今回の議題で大切なのは個人の意見ではなく、客観的な意見だ。

  2. 前回のプロジェクトの失敗を受けて、自分の性格を客観的に見て悪いところを直そうと思った。

  3. 新商品の開発には客観的な視点が不可欠である。
  4. テキストデータを客観的に評価する。

「客観的」は具体的な数字や前例をもとに、第三者の立場から物を見たり考えたりする状況で使用します。

たとえば、③の「客観的な視点」とは、自分の意見だけでなく、多くの人の意見からアイデアを募るということです。

「客観的」の類義語

客観的(きゃっかんてき)には以下のような類義語があります。

  1. 俯瞰的(ふかんてき):広い視野で物事を見ること。物事の全体像を捉えること。
  2. 分析的(ぶんせきてき):ある事象をその構成要素に即して考察するさま。

①の「俯瞰的」は、「客観的」と下記の点でニュアンスが異なります。

  • 客観的:第三者の立場に立って物事を見る
  • 俯瞰的:全体を見ている。誰の立場にも立っていない

②は、科学的な数値やデータに基づいている場合に使用します。

「客観的」の対義語

客観的(きゃっかんてき)には以下のような対義語があります。

  • 主観的:自分視点で物を見たり考えたりすること

「主観的」は、自分から見た目線や基準が全てとなります。

「客観的」の英語訳

客観的(きゃっかんてき)を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • objective
    (客観的な、客観の)

例文は以下の通りです。

  • I don’t think that the press coverage is always objective.
    (日本語訳報道機関の報道が常に客観的であるとは思わない。)
  • You must be more objective.
    (君はもっと客観的に物事を見るようにしなくてはいけない。)
  • You must analyze the data objectively.
    (君はデータを客観的に分析しなければならない)

「客観的に」と表現したい場合には、例文③のように副詞の“objectively”を使いましょう。

まとめ

以上、この記事では「客観的(きゃっかんてき)」について解説しました。

読み方客観的(きゃっかんてき)
意味第三者として物を見たり考えたりすること
語源「当事者ではなく、第三者の立場から観察し、考えること。」と「その様子」という意味の漢字から
類義語俯瞰的、客体的、分析的など
対義語主観的
英語訳objective(客観的な、客観の)

「客観的」は、ビジネスシーンにおいてよく使用される言葉ではないでしょうか。他人の視点を取り入れることも重要ですよね。類義語との使用場面の違いや、対義語「主観的」の使い方も合わせて覚えましょう。