「包括的(ほうかつてき)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「包括的(ほうかつてき)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「包括的」の意味をスッキリ理解!

包括的(ほうかつてき):すべてをひっくるめて一つにまとめること

「包括的」の意味を詳しく

「包括的」は、すべてをひっくるめて一つにまとめることという意味です。

部分的ではなく、全ての要素を網羅していることです。複数の内容で構成されている事柄の全体をまとめるという意味でもあります。

少々硬い表現であるため、文章中で用いられることが多いです。

「包括的」の使い方

  1. 包括的なカリキュラムを策定する。
  2. 彼は視野が広く、問題を包括的に捉えることができる。
  3. 新しい解決策について、包括的に評価する。

「包括的」は、「包括的な〇〇」「包括的に〜する」の形で用いられます。

以下に代表的な表現を紹介します。

  • 包括的に見る
  • 包括的に捉える
  • 包括的に考える
  • 包括的に評価する
  • 包括的に議論する

また、「包括的提携」「包括的支援」などのように「包括的〇〇」と直接名詞を修飾する形で用いられることがあります。〇〇に関する全体的なことを行うという意味になります。

「包括的」が一般的に用いられている具体例として、「包括的核実験禁止条約」があります。宇宙空間、水中、地下などあらゆる場所での核実験を禁止する条約です。

他にも「包括的自立支援プログラム」というものは、高齢者が自立するための介護手法で、現在のサービスの見直しや改善などを行うものです。

このように「包括的」は様々な場面で、条約やブロジェクトなどの公式な用語に用いられます。

「包括的」の語源

「包括的」を構成する漢字の意味は、それぞれ以下の通りです。

  • :覆いくるむ、物を覆って中に入れる
  • :ひとまとめにする、一つに束ねる

つまり、「包括」とは物を覆って一つに束ねること、ひっくるめて一つにまとめることを意味します。

「的」は性質を表し、「包括的」は「すべてをひっくるめているさま」という意味になります。

「包括的」の類義語

「包括的」には以下のような類義語があります。

  • 総括的:全体をまとめて締めくくること
  • 総合的:個々の物事を一つにまとめること
  • 集約:寄せ集めて一つにまとめること
  • 一括:一つにくくること
  • 概括:様々な点にわたる内容を、主なところに目をつけてまとめること

「包括的」の類義語は、まとめて一つにすることという意味が共通しています。

「総括的」は、物事をまとめた上でさらに締めくくり結論を出すところまでを含んでいるので、「包括的」よりも広義の概念です。

「包括的」の対義語

「包括的」には以下のような対義語があります。

  • 個別的:他の物に関係なく、個別で存在していること
  • 排他的:自分や仲間以外を排除すること
  • 限定的:限られていること
  • 集中的:1箇所に集まっていること
  • 特定的:特にそれと定まっていること

「包括的」の英語訳

「包括的」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • comprehensive
  • inclusive
  • overall

例えば「包括的な説明」は、 “comprehensive explanation” 、「包括的な分析」は “comprehensive analysis” などのように表現します。

まとめ

以上、この記事では「包括的」について解説しました。

読み方包括的(ほうかつてき)
意味すべてをひっくるめて一つにまとめること
語源「覆いくるむ」「ひとまとめにする」という意味の熟語から
類義語総括的、総合的、集約など
対義語個別的、排他的、限定的など
英語訳comprehensive, inclusive, overall

「包括的」は公式な場面で用いられることの多い言葉です。間違った使い方をしないよう、確認しましょう。