「エモーショナル」とは?意味と使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「エモーショナル」です。

「エモーショナル」の意味・使い方・語源・類義語などについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「エモーショナル」とは?

エモーショナル(emotional):心に深く気持ちが伝わってくるさま

「エモーショナル」の意味を詳しく

「エモーショナル」とは、心に深く気持ちが伝わってくるさまのことです。

「感動で心が動かされた」という時に使います。音楽や美術を鑑賞することによって感動し、気持ちが揺れている時に頻繁に用います。

基本的に、怒りや哀しみといった負の感情を抱いた時に使うことはありません。

また、感情的なさまや情緒的なさま、感情があらわになっている様子も表します。

「エモい」の意味を詳しく

SNS等で頻繁に用いられる若者言葉として、「エモい」があります。

「エモい」は、心に訴えかけるような出来事・ものがあり、何とも言えない感情になった時に使う言葉です。興奮・悲しみ・懐かしさ・切なさなど、場面によってさまざまな感情を含む場合があります。

そのため、文脈によって「エモい」の意味は大きく変わります。感情の高ぶりを表し、幅広い場面で使うことができるという点では、「ヤバイ」という言葉に近いです。

 

「エモい」は、「エモーショナル」の短縮形「エモ」に「い」をつけた言葉です。形容詞的に使用されます。

三省堂の「今年の新語2016」で第2位に選ばれたことから、社会的に広まりました。

スポンサードリンク

「エモーショナル」の使い方

  1. 彼のエモーショナルな音楽に、観客は魅了されていた。
  2. エモーショナルな雰囲気の喫茶店を見つけたんだ。今度一緒に行こうよ。
  3. たしかに君のプレゼンテーションは筋が通っている。しかし、心に訴えかけるものがない。もっとエモーショナルな内容じゃないと。

「エモーショナル」の語源

「エモーショナル」の語源はラテン語の “moveo” です。

「動かす」という意味の“moveo” と「外へ」という意味の e が元となり、英語の “emotion” が生まれました。

“emotion” は、「感情、感激、感動」という意味の名詞です。ここに「に関する」「の」という意味の接尾辞 al がついたのが、“emotional” です。

スポンサードリンク

「エモーショナル」の類義語

「エモーショナル」には以下のような類義語があります。

  • ロマンチック(romantic):現実を離れ、情緒的であるさま
  • センチメンタル(sentimental):情緒的で、涙もろいさま

「エモーショナル」の対義語

  • ロジカル(logical):論理的な
  • 合理的な:論理や道理にかなっているさま
スポンサードリンク

「エモーショナル」の関連語

  • エモーショナル・イーティング:ストレス・寂しさ・不安・不満・退屈・イライラ・怒りといったネガティブな感情を、食事によって解消しようとすること
  • エモーショナル・インテリジェンス:自分や他人の感情を正確に理解し、適切な行動をとる能力

まとめ

以上、この記事では「エモーショナル」について解説しました。

英語表記エモーショナル(emotional)
意味心に深く気持ちが伝わってくるさま
語源「動かす」という意味のラテン語の “moveo”
類義語ロマンチック、センチメンタル
対義語ロジカル、合理的な

「エモーショナル」と聞いて、「感情」という意味がでてくる人は多いでしょう。しかし、具体的にどのような場面で使うのかということがよくわからなかった人もいるのではないでしょうか。

抽象的で少しイメージしにくい言葉ですが、的確に使っていきましょう。

スポンサードリンク