四字熟語「泰然自若(たいぜんじじゃく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「泰然自若(たいぜんじじゃく)」です。

言葉の意味、使い方、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「泰然自若」の意味をスッキリ理解!

泰然自若(たいぜんじじゃく):落ち着いており、物事に動じない様子。

「泰然自若」の意味を詳しく

「泰然自若」は「泰然」と「自若」という2つの熟語から成り立っています。

「泰然」の「泰」は「穏やかである」「落ち着いている」という意味で、「然」は状態を表します。つまり「落ち着いている様子」「穏やかである様子」という意味になります。

 

そして「自若」もまた、「少しも慌てずに、落ち着いている様子」を表す熟語です。「泰然」と「自若」という似た意味の熟語が2つ組み合わさることによって、「泰然自若」は「どんなことにも動じずに、落ち着き払っている様子」という意味になるのです。

2つの熟語がお互いに意味を強め合っています。

スポンサードリンク

「泰然自若」の使い方

「泰然自若」は主に慌てず動じず、どっしりと構えている人や状況、ものに対して使います。以下に使い方の例を挙げます。

  1. 彼女の泰然自若とした態度は人々の尊敬を集めた。
  2. 教授はいざという時泰然自若で、頼り甲斐がある。
  3. あの子の泰然自若ぶりは、見習いたいものがある。

「泰然自若」の類義語

泰然自若には以下のような類義語があります。

  • 神色自若(しんしょくじじゃく):予想外のことにも動じず、落ち着いている様子。
  • 意気自如(いきじじょ):物事に驚いたりせず、平静を保っていること。
  • 余裕綽々(よゆうしゃくしゃく):ゆったりとしていて余裕があること。
  • 春風駘蕩(しゅんぷうたいとう):物事に動じず、ゆったりとしていること。また春風が穏やかに吹く様子。
  • 鷹揚自若(おうようじじゃく):問題があっても、態度に乱れがない様子。

「泰然自若」と同じような漢字が含まれているものが多いので、合わせて覚えやすいですね。特に、「余裕綽々」や「鷹揚自若」といった言葉は、日常生活でも聞くことが多い四字熟語です。

スポンサードリンク

「泰然自若」の対義語

泰然自若には以下のような対義語があります。

  • 右往左往(うおうさおう):慌てふためき、あちこち動き回ること。
  • 周章狼狽(しゅうしょうろうばい):慌てふためき、騒ぐこと。
  • 戦々恐々(せんせんきょうきょう):恐れ戦き(おののき)、ビクビクしている様子。
  • 小心翼々(しょうしんよくよく):恐れてうろたえている様子。

「泰然自若」の対義語には、気が小さくビクビクしており、余裕のない様子を表す四字熟語が当てはまります。こちらも合わせて覚えるようにしましょう。

「泰然自若」の英語訳

泰然自若を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • calm and self-possessed
    (穏やかで自分を持っている)
  • having presence of mind
    (自分の意思をしっかりと持っている)

“possess” は「を所有する」という意味の英単語です。そこに “self” が付くことで、「自分を持った」、すなわち「余裕があり落ち着いている」という意味になるのです。

“presence” は「存在」「現存」といった意味を持ち、 “having presence of mind” を直訳すると「意思の存在を持っている」となります。これはつまり「自分の意思をしっかりと持っていること」ですよね。したがって、「泰然自若」の英語訳と言えます。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「泰然自若」について解説しました。

読み方 泰然自若(たいぜんじじゃく)
意味 落ち着いており、物事に動じない様子。
類義語 神色自若、意気自如、余裕綽々など
対義語 右往左往、周章狼狽、戦々恐々など
英語訳 calm and self-possessed(穏やかで自分を持っている), having presence of mind(自分の意思をしっかりと持っている)

どんな状況にも動じず、物事に対処する泰然自若な人は頼り甲斐があって魅力的ですよね。実際、「泰然自若」や「鷹揚自若」といった四字熟語は座右の銘にされることも多いです。

予想外のことが起こっても、落ち着いて状況を観察し適切に対処できるようなスマートな人間になりたいものですね。

スポンサードリンク