四字熟語「余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「余裕綽々」の意味をスッキリ理解!

余裕綽々(よゆうしゃくしゃく):ゆったりとして、落ち着いていること

「余裕綽々」の意味を詳しく


余裕綽々とは、ゆったりとして、落ち着いていることを表す四字熟語です。

「余裕」とは、ゆったりしていることを意味し、「綽々」は落ち着いていて、慌てることがないことを意味します。したがって、この四字熟語は、周りはあくせくしているような状況でもゆとりを持って行動をしている人の様子を表すことができます。

 

なお、「綽々」は読み方が難しい漢字ですが、「しゃくしゃく」と読むことを覚えましょう。

スポンサードリンク

「余裕綽々」の使い方

  1. 前半で大きく先制した日本は、後半で余裕綽々なプレーを見せた。
  2. 非常事態時の、彼女の余裕綽々とした行動が、多くの人を安心させた。
  3. 余裕綽々と試験に臨んだら、ケアレスミスで不合格になってしまった。
  4. 先ほどまでは余裕綽々としていた彼も、思わぬ失態に気付き、自信がなくなった。

「余裕綽々」の類義語

「余裕綽々」には以下のような類義語があります。

  • 泰然自若(たいぜんじじゃく):落ち着いていて、何に対しても動じないこと
  • 冷静沈着(れいせいちんちゃく):落ち着いていて、物事に動じないこと
スポンサードリンク

「余裕綽々」の対義語

余裕綽々には以下のような対義語があります。

  • 周章狼狽(しゅうしょうろうばい):大いに慌てふためき、うろたえ騒ぐこと
  • 悪戦苦闘(あくせんくとう):困難を切り抜くために、懸命な努力をすること
  • 油断大敵(ゆだんたいてき):気をゆるめていると物事の失敗のもとになるため、十分気をつけなければならないという戒め

「余裕綽々」の英語訳

余裕綽々を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • calm and composed
    (冷静で落ち着いて)
  • having enough to spere
    (十分な時間を持って)
  • broadminded
    (余裕を持って)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「余裕綽々」について解説しました。

読み方 余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)
意味 ゆったりとして、落ち着いていること
類義語 泰然自若、冷静沈着など
対義語 周章狼狽、悪戦苦闘、油断大敵など
英語訳 calm and composed(冷静で落ち着いて)

いつどんな時も、落ち着いて行動ができるようになるためには、日頃の行いが大切です。

 

日頃からゆとりをもった生活を心がけ、緊急の際にも冷静な判断ができるようになりましょう。そうすれば、自分だけではなく、周りにも気を配ることができ、より良い状況を生み出すことができるでしょう。

スポンサードリンク