故事成語「背水の陣(はいすいのじん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「背水の陣」です。

この言葉はとても有名ですよね。

しかし、詳しいことを知っている人は意外と少ないのではないのでしょうか。

そこで、「背水の陣」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「背水の陣」の意味をスッキリ理解!

背水の陣(はいすいのじん):一歩も引けないような絶体絶命な状況の中で全力を尽くすこと

「背水の陣」の意味を詳しく

「背水の陣」とは、一歩も引けないような絶体絶命な状況の中で全力を尽くすことです。

ちなみに、もともとはわざと不利な場所で戦うことを意味していました。

これは、この故事成語ができた理由が関係しています。

 

ちなみに、「背水の陣を敷く」とは言いますが、「背水の陣を引く」と言うのは誤りです。

ここからは、「背水の陣」の由来について見ていきましょう。

スポンサードリンク

「背水の陣」の由来

「背水の陣」の出典は『史記』の「淮陰公伝(わいいんこうでん)」という章です。

そして、韓信という武将がとった戦術が「背水の陣」の由来になっています。

詳しく見ていきましょう。

 

漢には、韓信という名将がいました。

ちなみに、「淮陰公」とは、韓信のことです。

彼はある時、趙という国の軍と戦う時に、わざと川を背にして陣をしき、そこで趙の軍を迎え撃つことにしました。

 

ちなみに、兵法では山を背にし、川には顔を向けて陣を敷くのがふつうで、川に背を向けて陣を敷くのは兵法を知らない人くらいでした。

なぜなら、もし負けた場合、退却することができず、大打撃を受けてしまうからです。

 

しかし、韓信は兵法をよく知っていました。

そんな彼が背水の陣を敷いたのには、いくつかの理由がありました。

 

まず1つめは味方に退却できないという決死の覚悟をさせ、全力で戦わせるためです。

次に2つめは背水の陣を相手に見せて、油断させるためです。

上記の通り、背水の陣を敷くのはふつう、兵法を知らない素人くらいですから、相手は韓信を愚かな武将だと思い、油断したことでしょう。

 

そして、調子に乗った敵を城から誘い出し、別動隊で空になった城を攻め落とすつもりだったのです。

つまり、背水の陣は決して、追い込まれてやっていたわけではありません。

勝つために最善の方法を考えた結果、やったことなのです。

ちなみに、韓信はこの戦いで大勝しました。

韓信

韓信とは、漢王朝を作った劉邦のもとで数々の戦いに勝利し、劉邦の覇権を決定づけた名将です。

劉邦の天下統一を助けた蕭何(しょうか)からは、「国士無双」であると絶賛されています。

「背水の陣」の例文

  1. わが社は背水の陣を敷いて、不況の中、新規事業を始めることにした。
  2. もうこれ以上浪人はできないので、今回の受験は背水の陣になる。
  3. 背水の陣で出馬し、無事当選することができた。
スポンサードリンク

「背水の陣」の類義語

「背水の陣」には以下のような類義語があります。

  • 糧(りょう)を捨てて船を沈む
  • 川を渡り船を焼く
  • 釜を破り船を沈む

「背水の陣」の英語訳

「背水の陣」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • burn one’s boats
    (背後のボートを焼く)
  • who draws his sword against his prince must throw away the scabbard
    (主君に逆らって刀を抜く者はさやを捨てなければならない)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「背水の陣」について解説しました。

読み方 背水の陣(はいすいのじん)
意味 一歩も引けないような絶体絶命な状況の中で全力を尽くすこと
由来 韓信が川を背にして戦ったことから
類義語 糧を捨てて船を沈む、川を渡り船を焼く、釜を破り船を沈む
英語訳 burn one’s boats

「背水の陣」はとても賢い作戦だったんですね。

スポンサードリンク