故事成語「万事休す(ばんじきゅうす)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、故事成語の「万事休す」です。

この言葉は有名なので、聞いたことがある、という人も多いのではないでしょうか。

そして、有名な分、意味を知っておかないと、常識を疑われてしまうかもしれません。

そこで、「万事休す」の意味、由来、例文、類義語、英訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「万事休す」の意味をスッキリ理解!

万事休す(ばんじきゅうす):もはや施す手段がなく、万策尽きること

「万事休す」の意味を詳しく

「万事休す」とは、もはや施す手段がなく、万策尽きることです。

ちなみに、「万事」とは、「すべてのこと」という意味です。

また、「休す」とは休むということではなく、「すべておさまる」という意味です。

 

ちなみに、「万死窮す」と表記するのは間違いなので、注意が必要です。

スポンサードリンク

「万事休す」の由来

「万事休す」の出典は『宋史』の「荊南高氏世家」という章です。

詳しく見ていきましょう。

 

昔、荊南(けいなん)という国の王子は王に甘やかされて育ちました。

ちなみに、王子の名前を保勛と言います。

彼は人が怒ってにらんでもにこっと笑いました。

そんな彼に、荊南の人々は「万事休すだ」と言ったのです。

 

また、王が保勛を溺愛し、それを見た人々が「万事休す」と嘆いたのだ、という説もあります。

ちなみに、保勛が王になった後、政治は乱れ、荊南は滅んでしまいました。

「万事休す」の例文

  1. 三点差がついてしまった。万事休すだ。
  2. 相手が強すぎて、どんな戦術も効かない、万事休すだ。
  3. 大事な会議があるのに、電車が止まってしまい、間に合いそうにない。万事休すだ。
  4. もう間に合わない。万事休してしまった。

➍の例文のように、「万事」と「休す」の間に助詞を入れて、「休す」を活用させる場合もあります。

スポンサードリンク

「万事休す」の類義語

「万事休す」には以下のような類義語があります。

  • 刀折れ矢尽きる
  • 事ここに至る
  • 万策尽きる
  • 弓折れ矢尽きる

「万事休す」の英語訳

「万事休す」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • To be at the end of one’s rope.
    (綱の端に来る)
  • There is nothing more that can be done.
    (もはやできることはない)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「万事休す」について解説しました。

読み方 万事休す(ばんじきゅうす)
意味 もはや施す手段がなく、万策尽きること
由来 甘やかされた王子に人々が嘆いた言葉から
類義語 刀折れ矢尽きる、万策尽きる、事ここに至る、など
英語訳 To be at the end of one’s rope

「万事休す」は日常生活でも使うことができるかもしれませんね。

ただ、「万事休す」な状況にはなりたくないものです。

スポンサードリンク