故事成語「五十歩百歩」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、「故事成語」の「五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「五十歩百歩」の意味をスッキリ理解!

五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ):両者の間にほとんど違いはなく、同じようなものであること。

「五十歩百歩」の意味を詳しく

「五十歩百歩」とは、「違いはあるが、本質的には同じで似ているものであること」という意味を表す「故事成語」です。

 

中国の戦国時代に、梁の恵王と孟子が繰り広げた会話が元になって生まれた言葉であり、「五十歩」と「百歩」はそれぞれ戦場で兵士が逃げた歩数を表しています。

「五十歩」逃げた兵士と「百歩」逃げた兵士は、歩数に違いはあっても、どちらも敵から逃げた臆病者であることは同じです。

このことから、「五十歩百歩」は2つのものが「ほとんど同じ」であることを表現する言葉として定着しました。

 

また、「五十歩百歩」の読み方は「ごじっぽひゃっぽ」が正しく、「ごじゅっぽひゃっぽ」と読むことは好ましくありません。

現在では「ごじゅっぽ」と発音する人が増えているため、世間的に容認されてかけている読み方ではありますが、あくまでも正規の読み方としては「ごじっぽ」ですので気をつけましょう。

スポンサードリンク

「五十歩百歩」の使い方

「五十歩百歩」は、2つものを比べる際に、どちらもほとんど同じで違いがないことを表現するために用いられます。具体的には、以下のように使います。

  1. 夏休みの補習が決まった彼と私のテストの点数は五十歩百歩だ。
  2. 2人はお互いを罵っているけど、私から見たら五十歩百歩だ。
  3. 今期の営業成績で最下位の彼と自分は、側から見ると五十歩百歩なのだろう。

また、「五十歩百歩」の使い方として気をつける点が2つあるので、下記にまとめておきます。

  1. 優れたもの同士を比較する際には、基本的に使われない
  2. 比較するものの間に大きな差がある場合には使われない

「五十歩百歩」の由来

「五十歩百歩」という故事成語の由来は、儒教の大家として有名な中国の孟子が編纂した「梁恵王章句(りょうけいおうしょうく)」にあります。

中国の戦国時代のあるとき、孟子は梁の恵王に「なぜ、自分のほうがいい政治をしているのに隣国から民が集まらないのか?」と問われます。

この質問に対して、孟子は「戦場で50歩逃げた兵士と、100歩逃げた兵士は逃げた歩数こそ違うが、どちらも逃げている点で同じである」と返し、どちらの国も「徳」ではなく「利」を重視した政治をしている点で違いはないということを説きました。

この逸話から、「五十歩百歩」は「違いがあるように見えるが、本当はとても似ていること」を表す故事成語として広まったのです。

スポンサードリンク

「五十歩百歩」の類義語

五十歩百歩には以下のような類義語があります。

  • ドングリの背比べ
  • 大同小異
  • 一寸法師の背比べ
  • ドッコイドッコイ

このように、「五十歩百歩」の類義語には、何かと何かを比較する際に使われる言葉が多いです。

「五十歩百歩」の対義語

五十歩百歩には以下のような対義語があります。

  • 月とスッポン
  • 雲泥万里(うんでいばんり)
  • 目糞鼻糞を笑う
  • 提灯に釣り鐘
  • 鯨と鰯(クジラとイワシ)
  • 雪と墨
スポンサードリンク

「五十歩百歩」の英語訳

五十歩百歩を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • That’s six of one and half a dozen of the other.
    (一方の6つと、もう一方の半ダース(※どちらも数は6つで同じだという意味。))
  • There’s hardly any difference.
    (ほとんど違いはありません。)
  • There’s very little difference.
    (ほんの少しの違いです。)
  • Same difference
    (大差ありません。)
  • There is little [not much] to choose between them.
    (ほんの少しの違いです。)

まとめ

以上、この記事では「五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)」について解説しました。

読み方五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)
意味両者の間にほとんど違いはなく、同じようなものであること。
由来「梁恵王章句(りょうけいおうしょうく)|孟子」
類義語月とスッポン、雲泥万里、目糞鼻糞を笑う
対義語ドングリの背比べ、大同小異、一寸法師の背比べ
英語訳That’s six of one and half a dozen of the other. (一方の6つと、もう一方の半ダース(※どちらも数は6つで同じだという意味。))

2つのものを比較する際に「どちらも優れたものではない」「極端な差がない」ならば、「五十歩百歩(ごじっぽひゃっぽ)」の出番です。

使う機会があるならば、積極的に活用していくことをおすすめします。

スポンサードリンク