ことわざ「団栗の背比べ」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「団栗の背比べ(どんぐりのせいくらべ)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「団栗の背比べ」の意味をスッキリ理解!

団栗の背比べ(どんぐりのせいくらべ):どれも似たり寄ったりで、抜きん出て優れたものがいないこと

「団栗の背比べ」の意味を詳しく


団栗の背比べは、どれもこれも大したことがなく、似たり寄ったりで優れたものがいないことのたとえです。

比較してもほとんど差がないものを表す時に使われます。

スポンサードリンク

「団栗の背比べ」の使い方

  1. 鈴木君と橋下君は、テストの点数で、20点と21点で競い合っている。まさに、団栗の背比べだ。
  2. 今回参加している選手たちは、みんな団栗の背比べで良い記録が出ない。
  3. 提出された課題は、どれも団栗の背比べだ。

「団栗の背比べ」の由来

団栗には、大きさや形に大した差がなく、背比べをしても意味がないことからできたことわざです。

スポンサードリンク

「団栗の背比べ」の類義語

「団栗の背比べ」には以下のような類義語があります。

  • 五十歩百歩:少しの違いがあっても本質的には同じであること
  • 一寸法師の背比べ:特に優れたものがなく似たり寄ったりであること
  • 大同小異:大体が同じでも小さな違いがあること
  • 似たり寄ったり:どれもほとんど同じで大した違いがないこと

「団栗の背比べ」の対義語

「団栗の背比べ」には以下のような対義語があります。

  • 掃き溜めに鶴:つまらないところにそこに似合わない美しいものが混じっていること
スポンサードリンク

「団栗の背比べ」の英語訳

「団栗の背比べ」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • There is little difference among them.
    (それらの間には、ほとんど差がない)
  • They are all much of a muchness.
    (それらはどれも似たり寄ったりだ)

まとめ

以上、この記事では「団栗の背比べ」について解説しました。

読み方 団栗の背比べ(どんぐりのせいくらべ)
意味 どれも似たり寄ったりで、抜きん出て優れたものがいないこと
由来 団栗は、大きさや形に大した差がなく、背比べをしても意味がないことからできたことわざです
類義語 五十歩百歩、一寸法師の背比べ、など
対義語 掃き溜めに鶴
英語訳 There is little difference among them.(それらの間には、ほとんど差がない)

団栗は確かに似たような色、形で見分けるのは難しいですよね。しかし、実はたくさんの種類があって、日本には22種類の団栗が自生しています。たまには、一つ一つ違いを見極めてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク