「ウィンウィン」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ウィンウィン」です。

「ウィンウィン」の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「ウィンウィン」の意味をスッキリ理解!

ウィンウィン(win-win):双方に利益があること

「ウィンウィン」の意味を詳しく

「ウィンウィン」とは、双方に利益があることです。特に、取引の場面で交渉をしている双方に利益がある状態を指します。

「ウィンウィン」は、スティーブン・R・コヴィー著のベストセラー『7つの習慣』で使われたことがきっかけとなり、世間にも広く知られました。

スティーブンは、「ウィンウィン」は「人間関係の哲学であり、すべての人間関係において、相手の利益になる結果を得ようとする姿勢である」と述べています。現在は、経営学用語の1つとされ、主にビジネス場面で使用します。

ビジネス場面での「ウィンウィン」

ビジネスの場面では、会社同士の取引や提携の際に使用され、提供側(お店や会社)と消費者(顧客)の間で「ウィンウィン」の関係が成り立ちます。

  • スーパー側は賞味期限が近い商品があったため、定価よりも安い値段で販売し、消費者は低価格で欲しかった食材を購入することができた。
このように、スーパー側も売りたかった商品を売ることができ、消費者も欲しかった商品を買うことができるような、双方が得をする関係を「ウィンウィン」と言います。

上記のような場合は、「スーパーと消費者は、ウィンウィンな関係」と表すことができます。

ビジネス場面以外での「ウィンウィン」

「ウィンウィン」は男女間でも使用されます。

  • 私は料理が好きで洗濯が苦手だが、彼は洗濯が好きで料理が苦手だ。
上記の例では、お互いが嫌なことをせずに、好きで得意なことして生活することができます。このように、お互いにとって喜ばしい関係を「ウィンウィン」と表現します。

恋愛において「ウィンウィン」は「利益や得」という意味よりも、「お互いのために行動できる関係が好ましい」といった意味で使われます。

「ウィンウィン」は経営学用語の1つであるため、「利益」「勝ち」などのイメージを彷彿させてしまう人もいます。恋人に対して「ウィンウィン」を使用するときは、注意が必要です。

「ウィンウィン」の使い方

  1. 自分の利益と他人の利益を同時に考えるのがウィンウィンとなる前提だ。
  2. いいとこどりをする人はウィンウィンの意味がわかっていない。

上の例文はどちらも、「双方に利益がある」という意味で「ウィンウィン」が使用されています。

「双方にとってメリットがあり、満足のいく交渉結果や関係性」を表すため、お互いが満足する結果や関係性でないときに、「ウィンウィンではない」と否定の意味で用いることもできます。

「ウィンウィン」の語源

ウィンウィンの語源は英語の “win-win” です。

「win」には「勝利を得る」という意味があるため「win-win」は、「I Win, You Win(私も勝つ、あなたも勝つ)」の略語です。

「ウィンウィン」の類義語

ウィンウィンには以下のような類義語があります。

  • 持ちつ持たれつ:互いに支援し合い、互いの地位や関係が続いている様子
  • ギブアンドテイク:何かを与えたら代わりに何かをもらう、何かをもらったら代わりに何かを与えること
  • 相互利益:互いの利益

①の「持ちつ持たれつ」は、「お互いに助け合う、支えあうことによって成り立つ」という意味で使用されます。人間関係やビジネスの場でも、互いに支えあい、良い関係性を築いていくことが大切です。

②の「ギブアンドテイク」は、「与える(give)」+「得る・受け取る(take)」の言葉どおり「何かを与えたらその代わりに何かを受け取る・何かを受け取ったら何かを与える」ことを指します。

ビジネスの交渉場合で多く使用されます。要望だけを強く伝えるのではなく、相手の意見を聞き、協調しあうことで交渉が成立します。「ギブアンドテイク」の考え方は重要です。

③の「相互利益」は、「お互いに利益を享受するという関係性」を表しています。マーケティングの手法の1つとしても使用されます。

「ウィンウィン」の英語訳

ウィンウィンを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • win-win
    (ウィンウィン)

まとめ

以上、この記事では「ウィンウィン」について解説しました。

英語表記ウィンウィン(win-win)
意味双方に利益があること
語源英語の “win-win” から
類義語持ちつ持たれつ、ギブアンドテイク、相互利益
英語訳win-win

「ウィンウィン」は主に、ビジネス場面で使用され「双方に利益のある状態」を指します。取引や契約の際には、重要となってくる考え方です。

適切に使用し「ウィンウィン」な関係を築いていきましょう。