四字熟語「相即不離(そうそくふり)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「相即不離(そうそくふり)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「相即不離」の意味をスッキリ理解!

相即不離(そうそくふり):2つのものが互いに深く関係し合っていて、切り離せないこと

「相即不離」の意味を詳しく

「相即」と「不離」の2つの熟語から解説します。

「相即」は、もとは仏教用語で、細かく分けると「物事の働きが自在に助け合っていること」「2つの物事が密接に関わっていること」の2つの意味があります。これらを合わせると、「全ての物事は完全に溶け合っていて、一つのものであり、本質は一体であること」を指します。

「不離」は文字通り、離すことが出来ないという意味です。

つまり、「相即不離」は2つのものの関係が非常に密接で、切り離せないことで、区別がつかないほど密接な関係であることを意味します。

スポンサードリンク

「相即不離」の使い方

  1. 私と双子の兄は、どこへ行くのも何をするのも一緒で、まさに相即不離の関係だ。
  2. わが社の取引先である製薬会社とは、両社にとって相即不離だと認識している。
  3. このチームは、選手一人ひとりとチームが相即不離である。
①では人間同士を、②では2つの会社を「相即不離」の関係であると表現しています。

③では、選手とチームという団体のことを、切っても切れない関係であることを説明しています。

「相即不離」の類義語

相即不離には以下のような類義語があります。

  • 不離一体(ふりいったい):一つになっていて、離れることがないさま
  • 表裏一体(ひょうりいったい):2つのものの関係が、密接で切り離せないこと
  • 渾然一体(こんぜんいったい):すべてのものが溶け合って一つになること
  • 三位一体(さんみいったい):3つのものが本質的に同じであるということ
  • 一心同体(いっしんどうたい):2人以上の人間が心を一つにし、まるで1人の人間のような強い結びつきで繋がること

「表裏一体」は、矛盾(むじゅん)するように見える2つのものが、実はコインの表と裏のように、切り離せないほど密接な関係にあることを表します。

「渾然一体」の「渾然」は「溶け合って区別のないさま」を指します。

「三位一体」はキリスト教の教えで、父である神・子であるキリスト・聖霊である聖神の三者の関係が由来です。「三つのものが、本質的にはまったく同じである」という教えです。また、「三者が一同に心を合わせること」という意味も持ちます。

「一心同体」は、夫婦や友人の強い結びつきを表現します。なお、「一身同体」と書くのは誤りです。

スポンサードリンク

「相即不離」の英語訳

相即不離を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • strongly attached to each other
    (相即不離)
  • close relationship
    (親しい間柄)
  • strong relationship
    (強い絆)
  • inseparable
    (離すことのできない)

「離せる」という意味の形容詞 separable に、否定の in をつけて inseparable にすると、「離すことのできない」という意味になります。

まとめ

以上、この記事では「相即不離」について解説しました。

読み方相即不離(そうそくふり)
意味2つのものが互いに深く関係し合っていて、切り離せないこと
類義語不離一体、渾然一体、一心同体など
英語訳strongly close relationship(強く密接な関係),inseparable(離すことのできない)など

相即不離の関係を築ける誰かや何かを見つけられると良いですね。

スポンサードリンク