「スキル」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「スキル」です。

「スキル」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「スキル」とは?

スキル(skill):技能

「スキル」の意味を詳しく

「スキル 」は「技能」というのが主な意味のカタカナ語です。「スキル」という単語には幅広い意味が含まれています。たとえば、「技能」に関連する単語に「経験」や「知識」がありますが、「スキル」にはこの「経験」や「知識」という意味も含まれているのです。

スポンサードリンク

「スキル」の使い方

  1. スキルフルに働くことで、周りの信頼を得る。
  2. 求人情報に記載されているスキル条件をクリアする。
  3. 毎日スキルを磨いていたので、非常に成長した。

「スキル」をよく使うのは、ビジネスに関する場面が多いです。たとえば、企業でずっとマーケティングに従事してきた人ならば、そのマーケティングに関する知識や経験も含めて「マーケティングのスキルがある」と言います。経験や知識を活かした技能があるという意味です。

また、「スキルフル」という単語もあります。これは「スキルをフルに出し切る」という意味です。つまり、現在自分が所持している技能を全力で出し切るということです。「スキルフル」はビジネス以外でもスポーツなどの分野でも使用します。

「スキル」の語源

「スキル」の語源は英語のskillです。カタカナ語と同じ意味です。そのため、カタカナ語と英語のskillでは混同してしまうことは少ないです。

スポンサードリンク

「スキル」の類義語

「スキル」には以下のような類義語があります。

  • アビリティ:能力
  • ナレッジ:知識
「アビリティ」は「能力」という意味のカタカナ語です。能力がよいことを「アビリティが高い」「アビリティが凄い」と言います。「能力」を意味する点で「スキル」と共通点があります。

しかし、指している能力が少し異なります。先ほどご紹介したように「スキル」には「経験」「知識」を含んだ「能力」という意味があり、これは生まれてから本人の努力次第で身につけることができるものです。

しかしながら、「アビリティ」とは本人が生まれ持った「能力」のことも指す場合が多いです。その人が持っている特性や性質に関する「能力」という意味合いです。

 

「ナレッジ」は「知識」という意味のカタカナ語です。現在では以前のように工場で肉体労働をするというだけでなく、知識を使う仕事が増えています。そのため、「ナレッジ」も「スキル」と同じように重要視されるようになりました。

特に大学などで会計やマーケティングに関することを学びます。この勉強で得てなおかつ実践で役に立てることができる知識のことを「ナレッジ」と呼びます。

実際には「ナレッジを獲得する」「ナレッジを習得する」というように使用します。また、「ナレッジ」は個人のものだけではありません。

つまり、企業などの団体も「知識」を獲得することができるのです。企業に蓄積した経験や情報を表すために「ナレッジ」を使用します。

まとめ

以上、この記事では「スキル」について解説しました。

英語表記スキル(skill)
意味技能
語源英語の “skill”
類義語アビリティ、ナレッジなど

「スキル」はとても多くの場面で使用する単語です。特に小さい子供であっても、テレビゲーム等でこの単語を知っている場合もあります。ぜひ覚えておきたい単語の1つでもあります。

ぜひこの記事で「スキル」の意味や使い方を理解して、実際の生活に役に立てるようにしましょう。

スポンサードリンク