「アビリティー」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「アビリティー」です。

「アビリティー」の意味・使い方・語源・アビリティーのつく言葉についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「アビリティー」とは?

アビリティー(ability):能力・技量

「アビリティー」の意味を詳しく

「アビリティー」とは、「○○できること」という意味です。

“able to ~” には「~できる」という意味があります。この “able” が名詞になったのが “ability” です。 “ability to ~” で「~できること」つまり「~する能力」という意味になります。

 

アビリティーは、能力・技能を広くあらわす言葉です。日本語としても使われるいくつかの英単語の意味と比較しながら、アビリティーの意味を説明します。

  • ギフト(gift):生まれ持った天才的な能力
  • キャパシティー(capacity):収容能力、ある行動をするだけの余力
  • スキル(skill):経験や訓練で得られる能力・技能
  • ファカルティ(faculty):視聴覚などの生まれつきの能力、特別な能力

このように、日本語に訳すと「能力」とつく言葉も、それぞれ意味が異なります。「アビリティー」にはこれらのような意味の限定がなく、生まれ持った能力にも訓練して身につけた能力にも使えます。

スポンサードリンク

「アビリティー」の使い方

  1. 彼は素晴らしい事務処理のアビリティーがある。
  2. うちの会社にはエンプロイアビリティーを十分持った社員しかいない。
  3. 健常者を前提とした社会が、障害者のディスアビリティーを生み出している。

上の例文のように、「○○アビリティー」という言葉の一部でアビリティーが使われることが多いです。日本語の「能力・技能」を英語で表すときは、「スキル」の方がよくつかわれます。

「アビリティー」の語源

「アビリティー」の語源はフランス語の “habille” です。「持つ」という意味があります。

ここから英語の「~できる」という意味の “able” が生まれました。 “able” の名詞形が “ability” です。

スポンサードリンク

「アビリティー」のつく言葉

例文でもあげた通り、「アビリティー」は他の言葉の後ろについて「~~できること」という意味を持ちます。日本語としても使われている「○○アビリティー」をいくつか紹介します。

  • アカウンタビリティー(accountability):社会に事業を説明できること
  • エンプロイアビリティ(employability):雇用されるだけの能力
  • ディスアビリティー(disability):社会制度によって障害者が社会に参加しづらいこと
  • トレーサビティー(tracability):肉などが生産から流通までの経路の情報を公開していること

まとめ

以上、この記事では「アビリティー」について解説しました。

英語表記 アビリティー(ability)
意味 能力・技能
語源 フランス語の “habille”
類義語 スキル(skill)、キャパシティー(capacity)など
補足 トレーサビリティーなどの言葉にも使われている

「○○アビリティ」は広く使われています。語源である「アビリティー」の意味を理解することで、これらの言葉の意味もわかりやすくなるでしょう。

スポンサードリンク