「キャパシティ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「キャパシティ」です。

「キャパシティ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

「キャパシティ」の意味をスッキリ理解!

キャパシティ(capacity):容量、受け入れることができる能力

「キャパシティ」の意味を詳しく

「キャパシティ」は「容量、受け入れることができる能力」という意味のカタカナ語です。

たとえば、ライブ会場があるとします。ライブ会場は当然、観客の人たちが多く利用します。その観客が入る人数のことを「キャパシティ」と言います。つまり、「受け入れることができる容量」ということです。

このような意味のカタカナ語として使用します。

「キャパシティ」の使い方

  1. 東京ドームのキャパシティは想像を絶するほど大きい。
  2. 自分の キャパシティに見合った仕事の量だと思う。
  3. キャパ越えしたので、限界を感じている。

「キャパシティ」は施設の収容量や人の能力について言及するときに使用します。

①の例文は、施設の収容量に関する例文です。ここでは東京ドームについて言及しています。「東京ドームの収容人数はとても多い」という意味です。

②の例文は、人の能力に関してです。「自分のキャパシティ」とは、自分自身の能力のことです。たとえば、仕事を5つ同時に行うことは、よほどの人でない限り大変です。できて2つ程度です。

この能力のことを「キャパシティ」を使って表しています。

 

③の例文の「キャパシティ」は「キャパ」と略して使用しています。「キャパ」という形で使うことは非常に多いので覚えておきましょう。若者言葉としても使います。

ちなみに「キャパ越え」とは、「自分の能力を超えてしまっている」という意味です。

「キャパシティ」の語源

「キャパシティ」の語源は英語のcapacityです。意味はカタカナ語とほぼ同じです。「容量」「収容能力」という意味があります。

カタカナ語にない意味としては「資格」「立場」があります。ここはカタカナ語と混同しないように注意しましょう。

ちなみにさらに語源をたどると、ラテン語になります。ラテン語の「容量」から、capacityの意味に派生しました。

「キャパシティ」の類義語

「キャパシティ」には以下のような類義語があります。

サイズ

「サイズ」は「大きさ」という意味のカタカナ語です。物の大きさが大きいほど、たくさんの体積があります。つまり、「キャパシティ」があるということです。そういった意味でこの単語は似ています。

「箱のサイズが大きい」「サイズの小さいバケツなので水が入らない」というような例文があげられます。

アビリティ

「アビリティ」は「能力」という意味のカタカナ語です。「キャパシティ」も能力に関する意味があるので、似ています。

「パソコンのアビリティがある」というような使い方をします。

ケイパビリティ

「ケイパビリティ」は「性能」「能力」という意味のカタカナ語です。一般的な「性能」「能力」というのではなく、「実行する能力」「企業や人の強み」という意味合いがあります。特にビジネスでよく使うカタカナ語です。

「営業力は彼のケイパビリティのひとつだ」というような使い方をします。

まとめ

以上、この記事では「キャパシティ」について解説しました。

英語表記キャパシティ(capacity)
意味容量、受け入れることができる能力
語源英語のcapacity
類義語サイズ、アビリティ、ケイパビリティなど

「キャパシティ」は日常生活でもよく使うカタカナ語のひとつです。「キャパ」と略して使うことも多いですよね。

ライブ会場に行くときや、イベントに参加するときに何気なく使っています。ぜひ、この記事を参考にして「キャパシティ」の意味や使い方について覚えましょう。