「ノウハウ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ノウハウ」です。

「ノウハウ」の意味・使い方・語源・類義語について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ノウハウ」とは?

ノウハウ(know-how):やり方、方法や知識

「ノウハウ」の意味を詳しく

「ノウハウ」は「やり方、方法や知識」という意味のカタカナ語です。「ノーハウ」と記述することもあります。特に、専門的技術やその蓄積に関するやり方や方法を指します。

また、知っていたら競争で有利になるような情報や経験も該当します。

たとえば、1年間で偏差値を50ほど上げた人がいたとします。その経験と知識を活かして、1年間で偏差値を50上げる方法をまとめたとしたら、この方法が「ノウハウ」になります。

スポンサードリンク

「ノウハウ」の使い方

  1. 新しい仕事のノウハウを覚えることは大変だ。
  2. ノウハウを出版したらかなり売れた。
  3. 同僚とノウハウを共有すると、仕事がしやすい。

「ノウハウ」は、ビジネスに関する場面で使われることが多いです。①と③がビジネスの例文です。どちらも「やり方や知識情報」と言い換えることができます。

覚えておきたいのが②に出てくる、「ノウハウ本」という単語です。「ノウハウ本」とは、「やり方や方法が記載されている書籍」のことです。この単語はビジネスに限らず、ネットなどでもよく見かけます。

たとえば、稼ぎ方をまとめた情報商材などの「ノウハウ本」があります。また、「知的財産権」のことも「ノウハウ」と言います。技術秘訣の「ノウハウ」は情報に価値があるため、「知的財産権」に該当します。

「ノウハウ」の語源

「ノウハウ」の語源は英語のknow-howです。現在の英語の世界でもこの形でよく使います。

knowが「知る」で、howが「方法」という意味で、これを掛け合わせた物です。ちなみに、how-what、how-whyというように疑問詞を組み合わせた単語は他にもあります。

スポンサードリンク

「ノウハウ」の類義語

「ノウハウ」には以下のような類義語があります。

  • ハウツー:やり方
  • ナレッジ:知識
  • スキル:技能
  • テクニック:技術

ハウツー

「ハウツー」は「やり方、方法」という意味のカタカナ語です。

意味は「ノウハウ」と似ていますが、ニュアンスが違います。「ノウハウ」を参考にして得られる結果は、未知数です。よい結果になることもあれば、悪い場合もあります。しかし、「ハウツー」の場合は100%同じ結果になります。

たとえば、TwitterやFacebookの使い方は「ハウツー」です。取扱説明書のようなもので、「ハウツー」が理解できれば必ず使いこなせます。

しかし、「株で儲けるノウハウ」というのは参考にしても成功するとは限りません。同じようで違いがあります。

ナレッジ

「ナレッジ」は「知識」という意味です。考え方としては、「ナレッジ」の中に「ノウハウ」が含まれると捉えるとよいでしょう。「ナレッジ」は知識全般を指します。その中の、特定の専門的技術や知識を用いた方法が「ノウハウ」です。

スキル

「スキル」は「技能」という意味です。特に訓練などを通して身についた能力を指します。具体的には物事を行うための技能や資格です。よく、「ビジネススキル」などと言います。これはビジネスをやる上での技能で、マーケティングなどが具体例です。

テクニック

「テクニック」は「技術」という意味です。スキルに比べて、「テクニック」はマニュアル通りに身につければ、習得しやすい特徴があります。また、「テクニック」がある人を「テクニシャン」と言います。

まとめ

以上、この記事では「ノウハウ」について解説しました。

英語表記ノウハウ(know-how)
意味やり方、方法や知識
語源英語のknow-how
類義語ハウツー、ナレッジ、スキル、テクニックなど

「ノウハウ」は非常によく使う単語です。分かっていないと、戸惑う場面もあるでしょう。

ぜひ、この記事を参考にして、「ノウハウ」の意味や使い方を覚えましょう。

スポンサードリンク