「秀逸(しゅういつ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「秀逸(しゅういつ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「秀逸」の意味をスッキリ理解!

秀逸(しゅういつ):他のものと比べて、ずば抜けて優れていること

「秀逸」の意味を詳しく

「秀逸」という熟語は、「他のものと比べて、ずば抜けて優れていること」という意味を持っています。

「秀逸」が表しているのは、あるものが「優れている」ことだけではありません。それだけでなく、「他のものと比較した上で圧倒的な素晴らしさを持っている」というニュアンスも含んでいるのです。

スポンサードリンク

「秀逸」の使い方

「秀逸」の使い方の例として、以下のような文が挙げられます。

  1. これは、豊富な経験に基づいて書かれた秀逸な記事だ。
  2. お年寄りの方が書いた川柳が秀逸だと話題になっている。
  3. 彼が見せた、怒った人をなだめる方法は秀逸だった。

上記の例文のように、「秀逸」は「秀逸な」「秀逸である」という形で使われるのが一般的です。

「秀逸」が用いられる主な対象としては、詩歌(しいか)や記事といった文章形式の芸術作品が挙げられます。「秀逸な句」「秀逸な記事」のように使いましょう。この他にも、絵画や映画といった一般的な芸術作品にも「秀逸」が用いられることがあります。

「秀逸」は、インターネット上でもよく用いられる熟語です。この場合、芸術作品を対象に使われることはあまりありません。どちらかというと、素晴らしいアイディアやセンスのあるジョークに対して「感心」の気持ちを表す際に用いられるのが一般的です。

「秀逸」の語源

「秀逸」という熟語は、用いられている漢字の意味を知ると、語源から意味を深く理解できます。

まず「秀」には、「優れている」の他に「他よりも抜きんでている」という意味があります。次に「逸」は、「世間的な枠を抜け出て、優れている」という意味です。「逸材」と「逸品」が、それぞれ優れた才能と作品を意味しているのを思い浮かべれば、意味のイメージが湧きやすいでしょう。

意味の似ているこれら2つの漢字を合わせて、「秀逸」は「一般的な枠を超えているほど、他のものよりも優れていること」という意味を持っているのです。

スポンサードリンク

「秀逸」の類義語

秀逸には以下のような類義語があります。

  • 傑出(けっしゅつ):数あるものの中でも特に優れていること
  • 出色(しゅっしょく):他のものより目立って優れていること
  • 屈指(くっし):多くの中で、特に数え上げるに値するほど優れていること
  • 抜群(ばつぐん):多くのものの中で、抜きん出ていること

これら4つの熟語は、「他の多くのものと比較して、特に優れている」という意味が「秀逸」と共通しています。しかし、「秀逸」が基本的に「文章作品」に用いられるのに対して、これらの類義語を用いることのできる対象は異なっています

まず「傑出」は、優れた「実力や才能」を表すのによく使われます。次に「出色」と「抜群」が用いられるのは、「能力や出来映え」です。

また「屈指」は、特に決まったものに用いる訳ではありませんが、「上位のいくつかの内の一つ」というニュアンスがあり、指せる範囲は決まっています。例えば、「社内屈指の」や「世界屈指の」というように用いられます。

使い方の違いを理解して、上手く使い分けましょう。

「秀逸」の英語訳

秀逸を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • excellent
    (優秀な)
  • superb
    (他を圧するほど素晴らしい)

どちらも「優れている」という意味を表す形容詞の英単語です。superb には「他よりも」という比較のニュアンスがあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「秀逸」について解説しました。

読み方 秀逸(しゅういつ)
意味 他のものと比べて、ずば抜けて優れていること
語源 「他より抜きんでる」という意味を持つ漢字から
類義語 傑出、出色、屈指、抜群
英語訳 excellent(優秀な)、superb(他を圧するほど素晴らしい)

長い人生には、困難な問題がたくさんあるでしょう。そういう時には、秀逸な作品から学び、「秀逸だ」と言われるような対応ができるといいものですね。

「秀逸」という熟語をいざ使う場面が来た時のために、しっかりと意味と使い方を理解しておきましょう。

スポンサードリンク