「ペンディング」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ペンディング」です。

「ペンディング」の意味や使い方、語源、類義語、その他のビジネス用語の例についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ペンディング」とは?

ペンディング(pending):先送りにすること、未解決のまま保留すること

「ペンディング」の意味を詳しく

「ペンディング」とは、案件を先送りにすること、未解決のまま保留することです。

日本で「ペンディング」という言葉を使う場面は、ほとんどがビジネスの場です。

そのため、ビジネス用語として認識されています。

 

では、「保留」や「先送り」と言わずにわざわざ「ペンディング」と言い換えるのはどうしてでしょうか。

その理由は、「先送り」や「保留」という言葉だと印象が悪いからです。

他の企業との取引や、交渉の際に「先送り」などのマイナスのイメージを持つ言葉は使いたくありません。

そのため、あえて「ペンディング」という言葉を使うのです。

 

「ペンディング」という言葉は「先送り」や「保留」などの言い方よりもプラスのイメージがあります。

意味は同じなのですが、前進しているようなイメージです。

 

また、「ペンディングする」という言い方と「ペンディング『に』する」という使い方が混在しています。

どちらも正しい使い方なので、どちらで言っても大丈夫です。

スポンサードリンク

「ペンディング」の使い方

  1. この案件は、担当者がいないせいで1週間以上ペンディングになっている。
  2. ペンディングしたまま放置するのはどうかと思うよ。
  3. ペンディングした事項をリスト化しておいてください。
  4. 会議の時間も押しているので、これはペンディングしましょう。
  5. 今回の会議の議題は、前回ペンディングした件についてです。

「ペンディング」の語源

「ペンディング」の語源は英語の “pending” です。

“pending” は “pend” の現在進行形です。

“pending” はもともと「宙ぶらりんの」「ぶら下がっている」という意味でした。

そこから「未決定の」という意味の英単語になりました。

この「未決定の」という方の意味がカタカナ語の「ペンディング」の由来になりました。

スポンサードリンク

「ペンディング」の類義語

「ペンディング」には以下のような類義語があります。

  • 未決定
  • 保留
  • 一時停止
  • 休止状態

その他のビジネス用語の例

最初に言った通り、「ペンディング」はビジネス用語の一つです。

そこで、「ペンディング」以外のよく使われるビジネス用語の一部も簡単に紹介します。

  1. リスケ(reschedule):リスケジュールの略。日程を立て直すこと。
  2. フィックス(fix):日程やスケジュールを決定すること。
  3. レバレッジ(levarage):少ない投資で大きな利益をもたらすこと。
  4. アサイン(assign):役割や役職を与えること。任命すること。

英語の意味のまま使われている単語もあれば、少し違う意味で使われているものもあります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「ペンディング」について解説しました。

英語表記 ペンディング(pending)
意味 先送りにすること、未解決のまま保留すること
語源 「宙ぶらりん」のいう意味の英単語 “pend” から
類義語 未解決、保留、一時停止、休止状態
その他のビジネス用語の例 リスケ、フィックス、レバレッジ、アサイン

「ベンディング」はあまりなじみのない言葉かもしれません。

しかし、本を読む際や、ビジネスの場面で登場することもあるのでしっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク