コミットの意味とは?ビジネスシーンでの使い方をわかりやすく解説

言葉

コミットとは「約束」「関わること」「(IT用語で)処理を完了させること」という意味です。

ライザップのCMで「結果にコミットする」というフレーズが有名ですが、正しい使い方を知りたいですよね。

また、IT用語としての意味が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事ではコミットの意味や使い方、語源や関連語まで詳しく解説します。

☆「コミット」をざっくり言うと……

英語表記コミット(commmit)
意味約束。約束する
関わること
(IT用語で)処理を完了させること
語源英語の “commmitment” が省略されたもの
類義語プロミス
約束
関係する
関連語フルコミット
オーバーコミット
コミットチャージ など

「コミット」の意味

コミット

  1. 約束。約束する
    例:新規事業の成功をコミットいたします。
  2. 関わること
    例:上司にコミットが足りないと言われて落ち込む。
  3. (IT用語で)処理を完了させること
    例:今日中にコミットしてください。

コミットには3つの意味があります。

それぞれの意味を詳しく見ていきましょう。

意味①約束

コミットの1つ目の意味は、「責任をもって約束すること」です

単なる口約束ではなく、責任の伴う約束であることを表します。

意味②関わること

コミットの2つ目の意味は、「物事に関わること」です

単に関わるのではなく、責任をもって深く関わることを表します。

意味③(IT用語で)処理を完了させること

コミットの3つ目の意味は、IT用語で「処理を完了させ、結果を確定すること」です

トランザクション処理と呼ばれる情報処理において、全ての処理を完了させることを表します。

また、Git(ギット)と呼ばれる管理システムにおいて、保存する時のコマンドはget commitといいます。

「コミット」の使い方

コミットには以下の3つの意味があります。

コミットの意味
  1. 約束
  2. 関わること
  3. (IT用語で)処理を完了させること

コミットは、主に①の「約束」、または②の「関わること」という意味で使います。

①②の意味は、主にビジネスシーンで使いますが、近年では日常会話でも使われるようになりました。

③の意味は、IT分野の話題で使います。

使い方①「約束」という意味

「約束」という意味のコミットの例文には以下のようなものがあります。

例文
  1. 私がコンサルするからには、売上の向上をコミットします。
  2. 新規事業の成功をコミットいたします。

使い方②「関わること」という意味

「関わること」という意味のコミットの例文には以下のようなものがあります。

例文
  1. 弊社の課題にコミットできる人を探しています。
  2. 上司にコミットが足りないと言われて落ち込む。

②の「コミットが足りない」とは、「深く関わっていない」という意味です。

「コミット」の使い分けの注意点

コミットの意味「約束」「関わること」は、明確な使い分けがありません。

そのため、どちらの意味で使われているのか、文脈から判断する必要があります

使い分けについて、以下のように考えることもあります。

意味
コミットする〜を約束する
コミットする〜に関わる

しかし、以下のような文章もあるため、一概に定義することはできません。

  • 我が社の繁栄コミットする
    我が社の繁栄に関わる
  • 1年以内の我が社の繁栄コミットする
    1年以内の我が社の繁栄を約束する

「結果にコミットする」はどっち?

パーソナルトレーニングジムのRIZAPは、「結果にコミットする」という言葉が流れるテレビCMで有名です。

この場合、コミットは「約束」「関わること」のどちらの意味でもとることができます。

  • 「約束」の場合
    結果を出すことを約束する
  • 「関わること」の場合
    結果を出すために関わる

しかし、公式サイトには以下のような文章が書かれています。

それは必ずお客様の叶えたい身体に向けて、結果にコミットすること。

私どもRIZAP(ライザップ)が考えるのはなりたい身体になるため
「結果を出す」お約束をするということ。
[出典:【公式】完全個室のプライベートジム|RIZAP [ ライザップ ]]

つまり、「結果を出すために関わる」ではなく、「結果を出すことを約束する」というニュアンスです。

「コミット」の語源

コミットの語源は英語の “commmitment” です

英語の “commmitment” には以下のような意味があります。

“commmitment”の意味
  1. 委任、委託
  2. 約束
  3. 献身、深い関わり

“commmitment” が日本で使われるうちに、カタカナ語「コミットメント」として使われるようになりました。

その後、コミットメントが省略され、コミットに変化しました。

コミットと “commit” の意味は異なる

英語 “commmitment” は動詞にすると “commit” です。

“commit” の意味は「委託する」「約束する」です。

カタカナ語のコミットとはニュアンスが少し異なるため、使う時には注意しましょう。

「コミット」の類義語

コミットには以下の3つの意味があります。

コミットの意味
  1. 約束
  2. 関わること
  3. (IT用語で)処理を完了させること

それぞれの意味ごとに類義語を見ていきましょう。

類義語①「約束」という意味

約束という意味のコミットには以下のような類義語があります。

  • プロミス
    約束
  • 確約する
    しっかりと約束すること

「コミット」と「プロミス」の違い

コミットとプロミスはどちらも「約束」という意味ですが、使う場面が異なります

コミットプロミス
意味約束。約束する約束。約束する
使う場面公的私的

コミットはビジネスシーンなどの公的な場面で、責任の伴う約束をすることを表します。

一方、プロミスは友人関係などの私的な場面で、口約束のような責任を伴わない約束をすることを表します。

類義語②「関わること」という意味

「関わること」という意味のコミットには以下のような類義語があります。

  • 関係する
    ある物事が、別の物事に繋がっていること

「コミット」の関連語

コミットの関連語には以下のようなものがあります。

  • フルコミット
    ①全面的に責任をもつこと
    ②積極的に関わること
  • オーバーコミット
    ①担当の範疇を越えて立ち入ること
    ②(IT用語で)仮想マシンを立ち上げる時、物理マシンに対して上限を越えた割り当てを行うこと
  • コミットチャージ
    Windowsにおいて、プログラムが動作するために必要なメモリ容量の合計値
  • コミットメッセージ
    管理システムGitで、変更内容を伝えるために残しておく言葉
  • コミットメントライン
    銀行などの金融機関が、企業に対して一定の期間、一定の融資枠を設定し維持すること
  • コミッション
    販売手数料
  • コミッショナー
    プロスポーツの最高責任者
  • コミッティー
    委員会

「フルコミット」の意味

フルコミットは、「全面的に責任をもつこと」「積極的に関わること」の2つの意味があります

フルコミットは和製英語

フルコミットは、英語で「いっぱい」という意味の “full” と “commit” を合わせた和製英語です。

英語圏では意味が伝わりませんので、注意しましょう。

「コミット」のまとめ

以上、この記事ではコミットについて解説しました。

英語表記コミット(commmit)
意味約束。約束する
関わること
(IT用語で)処理を完了させること
語源英語の “commmitment” が省略されたもの
類義語プロミス
約束
関係する
関連語フルコミット
オーバーコミット
コミットチャージ など

コミットは文脈から意味を判断する必要があります。

この記事を参考にして、それぞれの意味をしっかり覚えましょう。

ABOUT US

間山智賀
間山智賀
自称、誤字キラー。 Web記事でも誤字脱字を見逃しません。言葉が大好きです。 大学では言葉遊びについて研究していました。マイブームは日本語ラップを聴くこと。