四字熟語「人面獣心(じんめんじゅうしん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「人面獣心(じんめんじゅうしん)」です。

言葉の意味、使い方、由来、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「人面獣心」の意味をスッキリ理解!

人面獣心(じんめんじゅうしん):無慈悲で、人情をわきまえず、恥を知らないこと。

「人面獣心」の意味を詳しく

「人面獣心」は、読んで字の如く「人の顔をしながら、心は獣のような人間のこと」を指します。つまり、まるで獣のような、残忍で冷酷な人間のことを意味する四字熟語です。良い意味で用いられることはまずありません。

また、同じ読みをする言葉に「人面獣身」という言葉があります。こちらは妖怪や化物のことを指す言葉ですから、混同しないように注意しましょう。

スポンサードリンク

「人面獣心」の使い方

「人面獣心」を使用した文章には、以下のようなものがあります。

  1. 罪のない人に手をかけるなんて、犯人は人面獣心の人間に違いない。
  2. 私利私欲のために仲間を裏切るのは人面獣心の行為だ。
  3. 幼少期からの厳しい体験が、彼を人面獣心の人間にしてしまった。

先述の通り、「人面獣心」は「人の皮を被った獣」の意味です。そのため人間や人間の行動に対して用いられます。

「人面獣心」の由来

「人面獣心」は古代中国、前漢の時代の歴史書『史記』にその由来を持ちます。

この時代、帝国は帝国周辺の異民族による国土の圧迫に悩まされていました。異民族が帝国内に侵入してくることも多かったのです。

 

『史記』の著者である歴史家の司馬遷(しばせん)は、この異民族の様子を、「夷狄(いてき)の人、被髪左袵(ひはつさじん)して人面獣心なり」と『史記』の中で記述しています。

「夷狄」は異民族のことを指します。また、「被髪左衽」は髪を結っておらず、着物を左前に着ている様子を表します。つまりこの一節は、帝国を脅かす異民族たちの野蛮で冷酷な様子を誇張(こちょう)して表現しているのです。

この記述により、「人面獣心」という言葉が人々の間に広く使われるようになりました。こうしてみると、深い歴史を持った四字熟語と言えます。

着物の左側を前にして着る「左前」は死装束(しにしょうぞく)と同じであり、不吉の象徴とされています。
スポンサードリンク

「人面獣心」の類義語

人面獣心には以下のような類義語があります。

  • 人頭畜鳴(じんとうちくめい):その人の行動が、家畜と同じくらい愚かで酷いものだということ。
  • 冷酷無比(れいこくむひ):無慈悲で、無愛想な様子。
  • 悪逆非道(あくぎゃくひどう):人の道を外れた、信じられないくらい邪悪な行いのこと。

上記の類義語も、基本的には人に対して用いられます。使うタイミングに注意しましょう。

「人面獣心」の対義語

人面獣心には以下のような対義語があります。

  • 温厚篤実(おんこうとくじつ):人柄が穏やかで情に厚く、真面目であること。
  • 鬼面仏心(きめんぶっしん):外見は怖いが、中身は優しい人のこと。
スポンサードリンク

「人面獣心」の英語訳

人面獣心を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • a beast with a human face
    (人面獣心の)
  • ruthless
    (残忍な)

1番目の表現において、 “beast” の部分を “brute” (獣、人でなし)に置き換えることもできます。

まとめ

以上、この記事では「人面獣心」について解説しました。

読み方人面獣心(じんめんじゅうしん)
意味無慈悲で、人情をわきまえず、恥を知らないこと。
由来前漢時代の歴史書『史記』の一節から。
類義語人頭畜鳴、冷酷無比、悪逆非道など
対義語温厚篤実、鬼面仏心など
英語訳a beast with a human face(人面獣心の), ruthless(残忍な)など

どれほど優れた技術や才能を持っていても、人面獣心の人間では人からの信用が得られず、痛い目を見るでしょう。逆にそれほど優れた能力を持っていなくても、道徳的で優しい人柄なら人から信用され、豊かな人生を送ることができます。

いついかなる状況に陥ろうとも、人を人たらしめている道理や情けは持ち合わせておきましょう。

スポンサードリンク