「布石(ふせき)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「布石(ふせき)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「布石」の意味をスッキリ理解!

布石(ふせき):囲碁において、序盤で要所に石を配置すること。将来のために備えをすること。

「布石」の意味を詳しく

「布石」はもともと囲碁用語で、序盤のうちに要所へ碁石を配置することを指す言葉でした。

そこから、展開を予測して先手を打つという点が派生して、将来に起こることへの備えをすることを指すようになりました。

ちなみに、「布石」は「ぬのいし」とも読むことが出来ますが、その場合は「道に沿ってすえつけられた敷石」を指します。混同しないように注意しましょう。

スポンサードリンク

「布石」の使い方

  1. プロの棋士が、勝利への布石を打つ。
  2. 前部長と仲良くなったことが、吹奏楽部の次期部長になるための布石となった。

①のように、「布石を打つ」という表現でよく使われます。

「布石を残す」は、 書き言葉ではあまり用いられませんが、話し言葉などの中にまれに使われます。まだ効果を発揮していないものの、何らかのよい影響を及ぼしてくれそうな布石について言及する際に使われる言い回しです。

「布石を置く」「布石を敷く」「布石を投じる」は誤りです。注意しましょう。

「布石」の語源

布石はもともと囲碁用語でした。「布」は配置すること、「石」は碁石を指します。

囲碁では、勝負を展開するにあたり、序盤の方でいかに有効な場所へ碁石を置けるかが極めて重要です。このように、要所へ碁石を配置することを「布石」と言いました。

転じて、現在では、将来に備えて有効な策を行うことを広く指して「伏線」と表現します。

スポンサードリンク

「布石」の類義語

布石の類義語として挙げられるのは、「伏線(ふくせん)」です。

「伏線」には、2つの意味があります。

  1. 小説などで、後の方で述べる事柄に関連する何かを事前にほのめかしておくもの
  2. 将来の準備として、前もってひそかに用意しておくもの

「伏線」は主に①の意味で使われます。物語の中で、後半に起こる出来事について前もって暗示することを「伏線を敷く」「伏線を張る」と表現します。「伏線を引く」は誤りであるため注意しましょう。

「伏線」と「布石」の違いは、「布石」が将来に対して備えていることを明示しているのに対して、「伏線」は暗示に過ぎないという点です。

「布石」の英語訳

布石を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • preparation
    (布石)
  • prepare
    (準備する)

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「布石」について解説しました。

読み方 布石(ふせき)
意味 囲碁において、序盤で要所に石を配置すること。将来のために備えをすること。
語源 もとは囲碁用語。布石の「布」は配置すること、「石」は碁石を指す。
類義語 伏線
英語訳 preparation(布石)など

布石は、囲碁用語が転じて一般的にも使われるようになった熟語です。使いこなせるようになると、囲碁が身近に感じられるでしょう。

スポンサードリンク