ことわざ「一目置く」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「一目(いちもく)置く」です。

言葉の意味・使い方・由来などについてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「一目置く」の意味をスッキリ理解!

一目(いちもく)置く:自分より優れていることを認めて敬意を払うこと

「一目置く」の意味を詳しく

「一目置く」は、相手の能力を認めて敬意を払うことを意味します。また、相手が優れていることを認めて、一歩譲って遠慮することをいいます。

相手を尊敬する気持ちをさらに強調する場合は、「一目も二目も置く」と表現することがあります。

「一目」とは、囲碁(いご)の碁盤(ごばん)上にある「1つの交点」や「一個の碁石(ごいし)」のことです。「一目」を「ひとめ」と読むのは誤りですので、注意しましょう。

スポンサードリンク

「一目置く」の使い方

  1. 彼はとにかく仕事が速く正確で、みんなから一目置かれている。
  2. 彼女は勉強もスポーツもでき、クラスのみんなから一目置かれる存在だ。
  3. 彼の洞察力は素晴らしく、上司の私ですら彼には一目置いている。

例文➀・➁のように「一目置く」を受け身の形で使うことも多いです。この場合、「尊敬されている」というニュアンスになります。

また、例文③のように目上の人が目下の人に対して敬意を払うような場合にも使われます。

 

しかし、このことわざを目下の人が目上の人に対して使うと、失礼にあたります。

「一目置く」には「認める」「一歩譲る」という意味があります。しかし、そもそも目下の人は目上の人に敬意を払う立場にあります。

そのため、目上の人に対して「認める」「一歩譲る」と言うことは、上から目線で物を言っているように捉えられてしまいます。

 

たとえば、「私は入社したてのころから、部長のことを一目置いていました」などと言うのは失礼に当たります。

「一目置く」は、同僚や友達、あるいは後輩などに対して使うのが一般的です。

「一目置く」の由来

「一目置く」は、囲碁(いご)の作法が語源となっています。

囲碁の世界において「一目」は、「盤上の1つの交点」や「一個の碁石(ごいし)」のことを指します。

つまり、「一目置く」は、「一個の碁石を置く」という意味です。

 

囲碁では、どちらかにハンデをつけて戦う場合、弱い人が先手で黒い石を置き、強い人が後手で白い石を置きます。

これは、「先手必勝」という言葉があるように、ボードゲームにおいては基本的に先手の方が有利であるためです。

このことから、「一目置く」ということわざは「自分よりも優れている相手に敬意を払う」という意味を表すようになりました。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「一目置く」について解説しました。

読み方 一目(いちもく)置く
意味 自分より優れていることを認めて敬意を払うこと
由来 囲碁で弱い方が勝負を始める前に石を一つ置くことから

相手に敬意を示す「一目置く」ということわざは、誰かに言われたら素直に喜ぶべき言葉です。

誰かに言ってもらった時に意味が理解できるように、しっかり覚えておきましょう。

スポンサードリンク