四字熟語「阿鼻叫喚(あびきょうかん)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「阿鼻叫喚(あびきょうかん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「阿鼻叫喚」の意味をスッキリ理解!

阿鼻叫喚(あびきょうかん):悲惨な状況。また、激しく泣きわめくさま

「阿鼻叫喚」の意味を詳しく

阿鼻叫喚は、仏教用語である「阿鼻(あび)」と「叫喚(きょうかん)」の二つを合わせた語です。

まず、「阿鼻」は「阿鼻地獄(あびじごく)」を指します。地獄には八つの階層があるとされています。犯した罪の重さによって、行く地獄は異なるのです。これらを、まとめて八大地獄といいます。阿鼻地獄は、その八大地獄の中でも、最も罰が重い地獄です。また、「無間地獄(むげんじごく)」ともいいます。

次に、「叫喚」はサンスクリット語で「叫び声」を意味します。また、八大地獄のうち、四番目に罰が重い「大叫喚地獄(だいきょうかんじごく)」のことも指します。

 

以上のことから、「阿鼻」も「叫喚」も恐ろしい地獄を意味することが分かります。

二つの「恐ろしい地獄」を意味する語を組み合わせることで、「悲惨な状況」という意味を強調しています。また、地獄に落ちた人々が泣きわめくさまから、「悲惨な状況の中で激しく泣きわめく」という意味ももちます。

 

ちなみに、「阿鼻狭喚」と書くのは誤りですから、注意しましょう。

スポンサードリンク

「阿鼻叫喚」の使い方

  1. 事故現場は一時、阿鼻叫喚となった。
  2. 赤ちゃんが、阿鼻叫喚のごとく泣きわめく。
  3. 優勝候補だった選手が出場停止となり、観客席は阿鼻叫喚の嵐だった。
同じ阿鼻叫喚という語を使っていても、文脈によってニュアンスが異なります。

①は、阿鼻叫喚という語が、事故現場という「悲惨な状況」を表しています。

②や③は、「赤ちゃんの泣きわめく声の激しさ」や「観客席のブーイング」のがいかに悲惨であるかということを例えるために使っています。

阿鼻叫喚は、もともと地獄の名前が由来ですから、良い意味で使われることはほとんどありません。

「阿鼻叫喚」の類義語

阿鼻叫喚には以下のような類義語があります。

  • 地獄絵図(じごくえず)
  • 地獄変相(じごくへんそう)

「地獄絵図」と「地獄変相」は、同じものを指します。「地獄絵」や「地獄図」、「地獄変」ともいいます。

罪を犯した人間が、亡くなったあと、地獄で苦しむ姿を図に描いたものです。浄土宗(じょうどしゅう)を広めるために描かれたとされます。

現在は、阿鼻叫喚と同じく、悲惨な状況を例える際に用いられます。

スポンサードリンク

「阿鼻叫喚」の英語訳

阿鼻叫喚を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • agonizing cries
    (阿鼻叫喚)
  • pandemonium
    (大混乱、地獄)
  • two of Buddhism’s hells
    (仏教の地獄のうちの二つ)

“agonizing” は、「苦痛な」という意味の形容詞です。 “agonizing cries” は、阿鼻叫喚を表す英語訳として最も一般的です。

“Buddhism’s hells” は、直訳で「仏教の地獄」という意味です。そこに “two of” がつき、「仏教の地獄のうちの二つ」という意味ですから、阿鼻叫喚を指します。

まとめ

以上、この記事では「阿鼻叫喚」について解説しました。

読み方 阿鼻叫喚(あびきょうかん)
意味 悲惨な状況。また、激しく泣きわめくさま
類義語 地獄絵図、地獄変相など
英語訳 agonizing cries(阿鼻叫喚),pandemonium(大混乱、地獄)など

地獄の名前が二つ合わさっているため、悲惨な状況がよく伝わります。

阿鼻叫喚と表すような状況には、出くわしたくありませんね。

スポンサードリンク