「忸怩(じくじ)」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「忸怩(じくじ)」です。

言葉の意味、使い方、類義語、対義語、英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「忸怩」の意味をスッキリ理解!

忸怩(じくじ):深く恥じ入ること

「忸怩」の意味を詳しく


「忸怩」とは、深く恥じ入ることという意味をあらわす熟語です。

「忸」も「怩」も、どちらも訓読みをすると「はじる」となります。つまり、どちらも「恥ずかしく思う」という意味を表す漢字であり、「忸怩」はその二つの漢字を合わせた言葉です。

「恥ずかしく思う」という同じ意味の漢字を重ねた言葉だけあって、その恥ずかしさはかなり大きなものになります。また、その恥ずかしさから反省する意も含まれているのが特徴です。

 

また、自分の行動や考え方などを反省し恥じるというのが「忸怩」の正しい意味です。したがって、「悩み」「怒り」しかなく、「恥じ」「反省」という感情が含まれていない場面では「忸怩」は使うことができません。誤用しやすいため注意が必要です。

そして、「忸怩」は、「恥じる」対象が他人ではなく自分です。つまり、自分のしたことに対して恥ずかしいと思った時に使うのです。

スポンサードリンク

「忸怩」の使い方

  1. 良かれと思ってとった行動が会社に損失を負わせる結果になり、忸怩たる思いだ。
  2. 彼の顔からは忸怩たる思いが感じられ、相当反省しているのが見て取れる。
  3. リーダーとしてこのプロジェクトが失敗に終わったことには、忸怩たるものがある。

3つの例文を見てわかる通り、「忸怩」は、「忸怩たる」という形で使うことがほとんどです。特に多いのが、①と②の例文で使われている「忸怩たる思い」という使い方です。

「忸怩たる思い」とは、過去の自分の行動などを振り返り、それを恥じ入ること、またはそのように恥ずかしいと思う感情を表す言葉です。

「忸怩」の類義語

「忸怩」には以下のような類義語があります。

  • 慙愧(ざんき)に堪(た)えない:自分の行いについて恥であると思い、反省すること
  • 慙愧の思い:自分の行いについて恥であると思い、反省すること
  • 自責の念に駆られる:後悔して自分を責める気持ちになること
  • 汗顔(かんがん)の至り:深く恥じ入ること
  • 不徳(ふとく)の致すところ:自分の不徳(不道徳なこと)のために引き起こしたこと
スポンサードリンク

「忸怩」の対義語

「忸怩」には以下のような対義語があります。

  • 矜持(きょうじ):自分自身を誇りに思うこと、プライド
  • 自負心(じふしん):あることに対して自分に強い自信を持っていること
  • 自尊心(じそんしん):自らを尊重する心

「忸怩」の英語訳

「忸怩」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • bashful
    (忸怩たる)
  • ashamed
    (恥じ入って)
  • shameful
    (恥ずべき)

「忸怩」は基本的に「忸怩たる」という形容詞の形で使うことがほとんどです。そのため、英語訳はどれも形容詞になります。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「忸怩」について解説しました。

読み方 忸怩(じくじ)
意味 深く恥じ入ること
類義語 慙愧に堪えない、慙愧の思い、自責の念に駆られるなど
対義語 矜持、自負心、自尊心など
英語訳 bashful, ashamed, shameful

「忸怩」の意味や使い方など、理解することはできたでしょうか。

「忸怩」の漢字はあまり見かけることのないものですが、どちらも「はじる」と読むことを覚えておくと、意味もより押さえやすくなるでしょう。

使う場面はビジネスや政治など、限られた場面ばかりですが、テレビや新聞でも見かける言葉でもあるため、ぜひ読み方も意味も覚えておきたいですね。

スポンサードリンク