「早計(そうけい)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「早計(そうけい)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳について分かりやすく解説します。

スポンサードリンク

「早計」の意味をスッキリ理解!

早計(そうけい):早まった考えや判断をすること

「早計」の意味を詳しく

早計とは、早まった考えや判断をすることを意味します。具体的には、十分に考えないで行動にうつしたり、軽はずみな言動をしたりすることです。

一般的には、ネガティブな意味合いで使われます。

スポンサードリンク

「早計」の使い方

  1. この経済政策は早計である。
  2. 見直しをせず解答用紙を提出してしまったのは、いささか早計だった。
  3. 彼の行動は早計に失する。

❷で使われている「いささか」は、「少し」という意味です。つまり、「いささか早計」とは「少し早まった考えや判断」という意味をもちます。

❸の「早計に失する」という表現は、「あまりにも早計な判断や言動によって、調子を失うこと」を意味します。「早計」という意味を強調する際に使われます。

「早計」の類義語

早計には以下のような類義語があります。

  • 性急(せいきゅう):気が短くせっかちなこと、物事の進みかたが急であること
  • 浅慮(せんりょ):考えの浅いこと
  • 愚計(ぐけい):愚かな計画

「愚計」は、自分の計画をへりくだって言う時に使われます。

スポンサードリンク

「早計」の対義語

早計には以下のような対義語があります。

  • 熟慮(じゅくりょ):じっくり考えること
  • 熟考(じゅっこう): じっくりとよく考えること
  • 熟案(じゅくあん):よくよく思案すること
  • 勘考(かんこう):よく考えること
  • 検討(けんとう):物事をいろいろの面からよく調べ、それでいいかどうか考えること
  • 思慮(しりょ):物事に注意深く考えをめぐらし、判断すること
  • 顧慮(こりょ):ある事をしっかり考えに入れて、心をくばること

上に挙げた類義語に共通するのは、「よく考える」ということです。このため、「早計」の対義語であるといえます。

「思慮」が「考えて、判断すること」という意味をもつのに対し、「顧慮」は「考えて、心をくばること」という意味があります。

「早計」の英語訳

早計を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • premature
    (早すぎる、早まった、早計の)
  • rash
    (行動や決断などが早まった、軽はずみな)
  • overhasty
    (早計な)

上に挙げた英語訳は、すべて形容詞です。

スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「早計」について解説しました。

読み方 早計(そうけい)
意味 早まった考えや判断をすること
類義語 性急、浅慮、愚計
対義語 熟慮、熟考、熟案など
英語訳 premature(早すぎる、早まった、早計の), rash(行動や決断などが早まった、軽はずみな)

「早計な行動」をしないように注意して生きたいものですね。

スポンサードリンク