「先日(せんじつ)」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、熟語の「先日(せんじつ)」です。

言葉の意味・使い方・語源・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「先日」の意味をスッキリ理解!

先日(せんじつ):近い過去のある日

「先日」の意味を詳しく

「先日」は、近い過去のある日という意味です。

他にも「この間」や「ちょっと前に」という意味を持ちます。

「先日」が示す範囲の明確な定義は存在しません。個々人の判断によって「先日」の捉え方は変わってきます。

一般的なビジネスシーンでは、1ヶ月前までであれば問題なく「先日」を用いることができると考えられています。

 

ただし、1ヶ月前までの期間であっても以下の場合には「先日」は使わないので注意しましょう。

  1. 「1日前」について言及したい場合
  2. 具体的な日にちがわかる場合

①のような場合、「1日前」に対して「先日」を使うのは違和感があります。「1日前」のことは「昨日」を使いましょう。(ビジネスシーンでは「さくじつ」と読みます。)

②のように具体的な日にちをわかっている場合は、「先日」を使って曖昧な表現をするよりも具体的な日を伝えた方が明確であることがあります。

「先日」の使い方

  1. 先日は弊社までわざわざお越しいただき、ありがとうございました。
  2. 先日ご連絡した件について、ご検討いただけましたでしょうか。
  3. 彼とは先日会ったばかりだ。

「先日」はメールなどの文書においても、口頭でも使うことができます。

「先日」を使う際には、具体的な内容も伝えるようにしましょう。

「先日」は特定の期間を示す言葉ではないので、「先日はありがとうございました」とだけ伝えられても何に対して感謝を示しているのかわかりにくい場合が存在します。

相手にも何について話しているのか伝わるように、具体的な内容とともに「先日」を使うとより親切であると考えられます。

 

「先日」を使った代表的な表現が存在します。

  • つい先日
  • 先日来(せんじつらい)

「つい先日」は、数日前までなどの比較的近い過去の日を表すのに使います。

「先日来」は、近い過去のある日から今日までの間の全ての日を表します。

このような表現を用いると、より具体的な意味で「先日」を使うことができます。

「先日」の語源

「先」という漢字は、もともとは時間にある基準点よりも前のことを意味する漢字です。

「先週」「先祖」などの熟語にも、時間的に今現在よりも前の時を表すこの意味が使われています。

過ぎ去ったある日という意味を表すために、「先日」という言葉が生じたとされます。

「先日」の類義語

「先日」には以下のような類義語があります。

  • 先般(せんぱん):近い過去のある出来事
  • 過日(かじつ):過ぎ去った日々すべて
  • 先頃(さきごろ):近い過去の出来事
  • かつて:遠い昔
  • この間:特定することができない何日か前のこと

上記の熟語は、すべて期間が特定されていない過去のことを表す点で、「先日」の類義語として挙げられます。

 

しかし相違点として、「先日」は近い過去のある日を特定して指すのに対して、「先般」「先頃」は近い過去の出来事そのものを指します。出来事に重点をおいて伝えたい場合に適しています。

「過日」は「先日」よりもさらに遠い過去すべてを意味します。数ヶ月前、数年前もすべて「過日」に当てはまるので、「先日」は「過日」の中に含まれていると言えます。

「かつて」も「先日」では表すことのできない遠い過去を示します。

「先日」の対義語

「先日」には以下のような対義語があります。

  • 後日:これから先。今後。

「先日」の英語訳

「先日」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • the other day

“the other day”も「先日」と同じく、具体的な期間は定義されていません。

「先日はありがとうございました」は”Thank you for the other day”と表現します。

以下が例文です。

例文
Thank you for your help the other day.
(先日は大変お世話になりました。)

まとめ

以上、この記事では「先日」について解説しました。

読み方「先日」(せんじつ)
意味近い過去のある日
語源「基準点よりも前のこと」を意味する漢字から
類義語先般、過日、先頃など
対義語後日など
英語訳the other day

「先日」はビジネスシーンにおけるメールや会話で、話の切り出しに使うことができるとても便利な熟語です。ぜひ活用できるようにしましょう。