「ナイーブ」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「ナイーブ」です。

「ナイーブ」の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「ナイーブ」とは?

ナイーブ(naive):繊細な、飾り気がない、純粋な

「ナイーブ」の意味を詳しく

ナイーブは、「繊細な・感受性が豊かな・素直な」という意味を持つ言葉です。

儚げで繊細な女性のことを「ナイーブな人」と形容することから、主に人の印象を表現する言葉といえます。

一見すると、ナイーブの「儚い・繊細な」という意味にはマイナスのイメージがあります。

しかし、日本では「繊細な人(=感受性が豊かな人)」と言ったように、プラスの意味で使われることが多いので注意が必要です。

 

日本でよく使われるナイーブは英語の “naive” から来ていますが、大元の語源はフランス語の “naif” の女性名詞 “naive” です。

そして、実は「ナイーブ」は日本・英語圏・フランスのそれぞれで微妙に意味が異なります。

この点は、ナイーブという言葉を理解する上で一番難しいところなので、しっかりと解説していきましょう。

 

まず、英語圏の “naive” には「単純な ・世間知らずの ・だまされやすい 」といった意味があります。

つまり、日本ではプラスの意味で使われていたナイーブは、英語圏ではマイナスの意味を持っているということですね。

 

そして、フランスではプラスの意味で捉えられる場合と、マイナスの意味で捉えられる場合の2種類があります。

この際、プラスの意味では「素直な・無垢な」、マイナスの意味では「世間知らずな」といった訳がされます。

スポンサードリンク

「ナイーブ」の使い方

  • 彼は非常に大柄なスポーツ選手だが、実はナイーブな性格をしている
  • 自分でもナイーブすぎると思うが、どうしても気にせずにはいられない
  • これは少々ナイーブな話題だから、話すタイミングはしっかりと考えようと思う

このように、ナイーブは人の性格や気質を表現するときに使われます。

ただし、人によってはマイナスのイメージで捉えられることがありますので、使う際には注意してください。

「ナイーブ」の語源

日本でよく使われる「ナイーブ」は、英語の “naive” から来ています。

日本ではプラスの意味合いが強いナイーブですが、英語ですと「世間知らず」といったマイナスのイメージの方が強いです。

 

また、英語の “naive” はその語源をさらにフランス語に遡ります。

由来となったのは、フランス語の “naif” を女性名詞化した “naive” です。

フランス語の “naive” は、プラスとマイナスの両方のイメージを持っており、日本と英語圏の中間の立ち位置にあります。

プラスの意味だと「純粋な」、マイナスの意味だと「無知な」などと捉えられます。

スポンサードリンク

「ナイーブ」の類義語

「ナイーブ」には、以下のような類義語があります。

  • 敏感な
  • 感受性が豊かな
  • 繊細な

日本において、ナイーブはポジティブな意味合いが強いので、「騙されやすい・世間知らず」といった言葉は類義語には相応しくありません。

この点だけは注意しておきましょう。

まとめ

以上、この記事では「ナイーブ(naive)」について解説しました。

英語表記 ナイーブ(naive)
意味 繊細な、飾り気がない、純粋な
語源 フランス語の “naif” を女性名詞化した “naive”
類義語 敏感な、感受性が豊かな、繊細な

ナイーブな人と聞くと、憂鬱で悩みを抱えている女性をイメージしてしまいますよね。

しかし、日本において「ナイーブな人」は、「繊細で感受性が豊かな人」という前向きな意味で捉えるのが正しいのです。

もし、上記のような間違いをしているのなら、今日から早速ナイーブの正しい意味を頭に入れておきましょう。

スポンサードリンク