「イノセント」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、カタカナ語の「イノセント」です。

「イノセント」の言葉の意味・使い方・語源・類義語についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「イノセント」とは?

イノセント(innocent):無実の、無邪気な

「イノセント」の意味を詳しく

「イノセント」には、2つの意味があります。

1つ目に「無実の」「潔白な」という意味です。これは「法的に有罪でない」ということです。

2つ目に「無邪気な」「純粋な」という意味もあります。主に感情や性格が、汚れのない子どものようであることを表します。

スポンサードリンク

「イノセント」の使い方

  1. 子どもたちのイノセントな感性からヒントを得る。
  2. イノセントな愛を貫く。
  3. イノセント感があるファッションが好みだ。

上記の例文のように、「イノセント」は「無邪気な」という意味で用いられることが多いです。

また、③の例文にあるように、「イノセント」はファッション・アパレル関係の用語として使われることもあります。ここでの「イノセント」は、「清潔感」という意味です。

「イノセント」の語源

日本語の「イノセント」の語源は英語の “innocent” です。

“innocent” には、「イノセント」と同じように「無実の」「無邪気な」というどちらの意味も含まれています。

しかし、「無邪気」であることから転じて、純粋なせいですぐに人にダマされるという意味の「お人よし」や「馬鹿」というニュアンスで用いられることもあるので注意しましょう

スポンサードリンク

「イノセント」の類義語

「イノセント」には以下のような類義語があります。

  • 無辜(むこ):罪のないこと。また、その人
  • 潔白(けっぱく):心や行いがきれいなこと
  • 純潔:けがれがなく心が清らかなこと
  • ピュア:まじりけのないさま、けがれのないさま
  • 無垢(むく):けがれがなく純真なこと。うぶなこと

「無辜」は、「イノセント」の「無実の」という意味と共通した意味を持っています。

「潔白」「純潔」「ピュア」「無垢」は、「イノセント」の「無邪気な」という意味と共通した意味を持っています。ちなみに、「ピュア」は、英単語で「純粋」を意味する “pure” を語源とするカタカナ語です。

まとめ

以上、この記事では「イノセント」について解説しました。

英語表記イノセント(innocent)
意味無実の、無邪気な
語源英語で「無実」を意味する “innocent” から
類義語無辜、潔白、純潔など

社会に出て様々な経験をしていくうちに、子どもの頃に持っていたイノセントな感情は、段々と消えていってしまいますよね。イノセントな気持ちも大事にして、上手く折り合いを付けることができるといいですね。

いざ「イノセント」という言葉を使う場面が来た時のために、しっかりと意味と使い方を理解しておきましょう。

スポンサードリンク