「まどろみ」とは?意味や使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、「まどろみ」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「まどろみ」の意味をスッキリ理解!

まどろみ:わずかな時間うとうとと眠ること

「まどろみ」の意味を詳しく

「まどろみ」とは、わずかな時間うとうとと眠ることです。

短い時間ただ眠っているのではなく、起きているとも完全に寝ているとも言えない、狭間の時間を表す表現です。

熟睡している場合には「まどろみ」にならないため気をつけましょう。

「まどろみ」の使い方

  1. まどろみの中で、亡くなったはずの親友の姿が見えた気がした。
  2. まどろみの間、空を飛ぶ夢を見ていた。

上記の例文のように、「まどろみ」は、「まどろみの中」「まどろみの間」など、時間の流れを表現する言葉とともに使われます。

①の例文では、夢か現実かわからない、うとうととした時間に、「亡くなったはずの親友」がいたように思えた様子を表現しています。夢の非現実感と、起きかけの現実感の間で、いかにも「親友」がその場にいたかのような気持ちになっていることがわかります。

②の例文では、うとうととした短い眠りの中で見た夢のことを話しています。「まどろみ」は浅い睡眠であるため、夢を見やすい状況になっており、似たような場面はよくあります。

「まどろみ」の類義語

まどろみには以下のような類義語があります。

  • 仮眠:意図して短時間眠ること
  • うたた寝:うっかりうとうとしてしまう眠り
  • 昼寝:日中に眠ること
  • 午睡:昼寝をすること

「仮眠」「うたた寝」との違い

「まどろみ」「仮眠」「うたた寝」には、以下のような意味の違いがあります。

  • まどろみ:短時間のうとうととした眠り
  • 仮眠:意図した短時間の眠り
  • うたた寝:うっかりうとうとしてしまう眠り
「まどろみ」「仮眠」「うたた寝」は、どれもしっかりとした睡眠ではないという点で共通します。

「まどろみ」「仮眠」は、短時間眠ることを指します。

ただし、「仮眠」が、短時間しか睡眠時間を確保できないといった理由で、眠ろうと意図して眠るのに対し、「まどろみ」は、意図と関係なく浅い眠りを行うことを表します。ニュアンスが異なるため、正確に使い分けましょう。

「うたた寝」は、うっかり、うとうとしてしまうことを指します。「うたた寝」に睡眠の長さはあまり重要ではなく、自分の意思に反して寝てしまう場合を表します。

許されるのはどっち?「居眠り」と「うたた寝」の違い

「昼寝」「午睡」との違い

「まどろみ」「昼寝」「午睡」には、以下のような意味の違いがあります。

  • まどろみ:短時間のうとうととした眠り
  • 昼寝:日中に眠ること
  • 午睡:昼寝をすること
「まどろみ」が、時間帯に関係なく短時間寝てしまう様子を表すのに対し、「昼寝」「午睡」は日中の睡眠に限定して使われます。

「昼寝」「午睡」はどちらも意味としては共通していますが、「午睡」には「午」という字に「正午」という意味があるため、「昼寝」よりも対象となる時刻の範囲が少ない印象を与えます。

「昼寝」「午睡」には、実際には明確な区別がないため、こだわりがなければより一般的な言葉である「昼寝」を使うとよいでしょう。

取り入れてみたくなる!「仮眠」「昼寝」の違い

「まどろみ」の英語訳

まどろみを英語に訳すと、次のような表現になります。

  • nap
    (日中の眠り)

“nap” の意味

nap” には、「昼寝」「うたた寝」といった意味があります。

“nap” の場合には睡眠の長さや質は関係なく、「昼寝」「うたた寝」「居眠り」といった日中の睡眠全体を指します。

「一眠りする」という意味の “take a nap” という形で使われることが多いです。

まとめ

以上、この記事では「まどろみ」について解説しました。

読み方まどろみ
意味わずかな時間うとうとと眠ること
類義語仮眠、うたた寝、昼寝など
英語訳nap(日中の眠り)

「まどろみ」は、うとうと眠っている状態を詩的に表現できる言葉です。眠りにもさまざまな言葉の使い分けがあるため、それぞれの意味をしっかりと押さえましょう。