取り入れてみたくなる!「仮眠」「昼寝」の違い

違いのギモン

「仮眠」と「昼寝」は、日常の様々な場面で出てきます。どちらも「短時間の睡眠」というイメージがあると思いますが、皆さんは両者をどのように使い分けていますか。

「仮眠」と「昼寝」の違いについて考えたことがある人は少ないと思いますが、違いを知ると、睡眠の質が上がるかもしれません。

この記事では「仮眠」と「昼寝」についてご紹介します。

スポンサードリンク

結論:「昼寝」は「仮眠」の一種

「仮眠」とは短時間の睡眠を取ることです。

その中でも代表的な「仮眠」が「昼寝」と呼ばれています。

「仮眠」をもっと詳しく

「仮眠」とは短時間の睡眠を取ることです。寝る時間帯は特に決まっていません。昼寝、うたた寝という言葉は「仮眠」の一種です。

通勤通学の電車の中などで、「仮眠」を取っている人をよく見かけますね。これは、「ながら睡眠」です。実は「ながら仮眠」は、疲労回復のためにしているはずが、返って逆効果となることがあります。これは、雑音や周囲の環境変化が目まぐるしく、短時間でもいい睡眠にならないからです。

いつも同じ時間で、なるべくリラックスできる環境での「仮眠」は、効果が倍増します。

「仮眠」を取るときに気をつけたいポイント

満腹状態で寝ない

満腹状態で寝ると胃の消化の方に信号が送られるため、脳と身体がうまく休まりません。

締め付けの強い状態で寝ない

男性ならネクタイを解く、女性なら髪を解くなど、締め付けを外すことが効果的です。

横にならない

副交感神経が働き、過剰にリラックスすると、長く寝てしまう傾向にあります。

スポンサードリンク

「昼寝」をもっと詳しく

「昼寝」はもっとも代表的な「仮眠」です。昼食後に取る短時間の睡眠を「昼寝」と言います。「昼寝」を効率よく取ると、通常の睡眠より 3 倍の回復力があると言われています。

日本では、仕事場での「昼寝」はあまり一般的ではないですよね。しかし、20 分程度の「昼寝」は、午後の集中力を上げる効果があると言われています。

最近、欧米で流行している「パワーナップ」という「仮眠」の方法をご紹介します。

「パワーナップ」とは

「パワーナップ」とは、通常私たちが取る夜の睡眠に加えて、日中に短時間の仮眠を取ることです。「パワーナップ」により、睡眠の効用が最大化され、集中力が増し、疲労が緩和されます。これはコーネル大学の社会心理学者ジェームス・マースの研究に基づいています。

以下、パワーナップの「仮眠」のコツです。

  1. 仮眠時間は 20 分が効果的
  2. デスクに顔を伏せる
  3. 光と音を遮断する
  4. 午後 3 時を超えたら昼寝はしない
  5. 同じ時間と同じ環境を毎日行う
  6. 寝る前に少量のカフェインを取る

まとめ

以上、この記事では、「仮眠」と「昼寝」の違いについて解説しました。

  • 仮眠:短時間の睡眠を取ること
  • 昼寝:「仮眠」の一種で、お昼に「仮眠」を取ること
実は、現在、日本人の約 4 割が、睡眠時間が 6 時間未満で睡眠不足に陥っています。うまく仮眠を取り入れて、効率の良い仕事になるといいですね。まずは今日から数日間、「パワーナップ」にチャレンジしてみませんか。

スポンサードリンク