ネット用語「ktkr」の意味と使い方をわかりやすく解説

ktkr アイキャッチ 言葉

今回ご紹介する言葉は、ネット用語の「ktkr(キタコレ)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語についてわかりやすく解説します。

「ktkr」の意味をスッキリ理解!

ktkr(キタコレ):(感情のたかぶりを表して)キタコレ

「ktkr」の意味を詳しく

ktkr 画像

「ktkr」は、その意味である、「キタコレ」のローマ字表記をもじって作られた言葉です。

期待していた情報や、ゲーム内で強敵を倒した時など、何か嬉しいことが起こったときに「キタコレ!」と思う感情を言語化した、ネットスラングの1つです。

最近ではあまり使われなくなりつつありますが、主に5チャンネル(旧2チャンネル)や Twitter、ニコニコ動画のコメントなど、ネットの世界で見かけることが多い単語になります。

「ktkr」の使い方

  1. 新作ゲームタイトル発表!ktkr
  2. あの人気ドラマの続編ktkr
  3. 先輩に飲み代奢ってもらえるktkr

「ktkr」は、オンラインの世界で起こったことに対し、ハイテンションになった感情を表す使い方がメインです。

 

①はその代表とも言えるような使い方で、ゲームの新シリーズの発表に対し、そのタイトルのファンたちの発言を想定したものです。このように、特定の作品や有名人のファンが使用することが多いといえます。

②も意味合い的には①と変わりませんが、こちらは語尾にそのままつなげる形で使用されています。このように語尾に繋げるか、単発で用いられるかの二択で使われる単語と言えますね。

また、③は少し派生的な使われ方で、オンラインではなく、実際の世界で起こったことに対して用いられている例になっています。①②と比べても、少し感情のたかぶりも控えめな印象を受けますね。

 

上記では他の文章に合わせる形での使用法をご紹介しました。しかし、最も使用される頻度が高いのは、コメント欄やスレなど、特別長い文章を打つ必要のない場で「ktkr!」と単発で使う場合です。

そもそもがネットスラング的な単語であり、簡単に感情を表現するために作られた単語です。そのため、簡潔に使われることが多いのだな、と記憶しておくと良いかもしれません。

「ktkr」の由来

「ktkr」は2000年代前半に、「キタコレ」という日本語を省略して作られた言葉です。

そもそもは、俳優の織田裕二さんが有名な目薬のCMで「キターーー!」と叫んでいる姿が発祥です。そこからニコニコ動画のコメント欄や旧2ちゃんねるのスレなどで、アスキーアートを用いた、「キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!」が流行しました。

そして、そうした言葉を短く省略して使うために作られたのが、「ktkr」になります。ただし、申し上げた通り、この単語が流行したのは10年ほど昔の出来事です。そのため、現在この単語を使用すると、時代遅れと捉えられてしまうこともあるので、その点には注意が必要です。

「ktkr」の類義語

ktkrには以下のような類義語があります。

wktkもktkrと同様、「ワクテカ」のローマ字表記を捩(もじ)る形で作られたネットスラングで、肌がテカテカしてしまうほどワクワクしている様子を表しています。そのため、ktkrとほぼ同義の言葉として、差し支えないと言えるでしょう。

まとめ

以上、この記事では「ktkr」について解説しました。

読み方ktkr(キタコレ)
意味(感情のたかぶりを表して)キタコレ
由来キタコレという日本語のローマ字表記をもじったことに由来
類義語wktk

途中でももう下げた通り、ktkrは10年ほど前に流行ったネットスラングです。そのため、伝わらない場合や、古臭くとられてしまうこともあるため、状況や相手を選んで使用することが大切であると言えるでしょう。