ことわざ「机上の空論」とは?意味や使い方を例文付きで解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、ことわざの「机上の空論(きじょうのくうろん)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「机上の空論」の意味をスッキリ理解!

机上の空論(きじょうのくうろん):頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や計画

「机上の空論」の意味を詳しく

「机上の空論」は「頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や計画」を意味します。

「机上」は「机の上」を指しており、現場や実際と離れた場所というニュアンスを持っています。「空論」の「空」は空回りや空振りと同じ意味で使用されています。つまり、「空論」で「役に立たない理論」を表します。

したがって、「机上の空論」をわかりやすく言い換えると「現場から離れているために、実際とはかけはなれた無益な理論」となります。

「机上の空論」は批判的な意味合いが強いため、使いどころに注意しましょう。

 

「机上の空論」は「机上論」と略されることがあります。
有名アーティストの歌詞にでてくる「卓上の空論」は造語であるため、「机上の空論」の代わりに使うことはできません。

また、「砂上の空論」「机上の楼閣」は「砂上の楼閣」と混じってしまった誤用表現です。「砂上の楼閣」は類義語の項目で解説します。

「机上の空論」の使い方

  1. ここの工場の責任者は現場上がりのはずなのに、机上の空論しか言わないな。
  2. 結局その考察は机上の空論だから、裏付けとなる実験を行う必要があるね。
  3. 刑事は現場百篇と言うだろう、机上の空論を唱えていても仕方がないから現場に行くぞ。
  4. もう彼の机上論は聞き飽きた。
このように「机上の空論」は、現場を知らない場合や実際に行動を起こさない場合に使うことができます。

 

①の「机上の空論」は「現場から離れているために、実際とはかけはなれた無益な理論」を意味します。現場を知らないという批判的なニュアンスで用いられています。

②は「頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や計画」という意味で「机上の空論」が使用されています。実際に行動を起こさないことを批判しています。

③の「机上の空論」は「現場から離れているために、実際とはかけはなれた無益な理論」を意味しており、現場の大切さを説いています。

④の「机上論」は「机上の空論」の略語として使われています。

「机上の空論」の類義語

「机上の空論」には以下のような類義語があります。

  • 砂上の楼閣:実現不可能なこと、物事が長続きしないこと
  • 絵に描いた餅:なんの役にも立たないこと、本物ではなく、値打ちがないこと
  • 捕らぬ狸の皮算用:まだ手元にない利益を計算しても、全く意味がないこと
  • 空理空論:実際からかけ離れている役に立たない考えや理論
  • 空中楼閣:根拠がなく現実味のない考えのこと
  • 紙上談兵(しじょうだんぺい):理屈ばかりの議論で、実行が不可能であったり、実際の役に立たなかったりすること
  • 畳の上の水練:理論や方法を知っているだけで実際の役には立たないこと

似た意味のことわざや慣用句は多くありますが、「机上の空論」は「現場や実際を知らない」というニュアンスが強い言葉です。「紙上談兵」は「戦場や敵の様子を知らず、紙の上だけで兵隊を動かしていては勝つことができない」ことを指しており、「机上の空論」ほとんど同じ意味を持ちます。

「机上の空論」の英語訳

「机上の空論」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • It looks good on paper
    (机上の空論)
  • pie in the sky
    (机上の空論)

まとめ

以上、この記事では「机上の空論」について解説しました。

読み方机上の空論(きじょうのくうろん)
意味頭の中だけで考え出した、実際には役に立たない理論や計画
類義語砂上の楼閣、絵に描いた餅、捕らぬ狸の皮算用など
英語訳It looks good on paper(机上の空論)

考えて計画を立てることは大事ですが、「机上の空論」は現場を知るべきだという教訓を示しています。フットワークを軽くして現場に足を運びましょう。