四字熟語「喧々諤々」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「喧々諤々(けんけんがくがく)」です。

言葉の意味・使い方・由来・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

「喧々諤々」の意味をスッキリ理解!

喧々諤々(けんけんがくがく):いろいろな人がさまざまな意見を言い、騒がしくすること

「喧々諤々」の意味を詳しく

「喧々諤々」は、「多くの人が集まって騒がしく議論する」という意味です。大勢の人が意見を言い合って、まとまりがつかず騒がしくなることを指します。「喧々」はガヤガヤしていてやかましい様子のことで、「諤々」は遠慮なしに自分の意見をはっきり主張することです。

「喧々諤々」は、「喧々囂々(けんけんごうごう)」と「侃々諤々(かんかんがくがく)」という、読みが似ている四字熟語が混同されてできた言葉で、本来は正しい表現ではありません。

 

「喧々囂々(けんけんごうごう)」の「囂々」には、「やかましい」「さわがしい」という意味があります。「喧々」もそのような意味なので、「喧々囂々」は同じ意味の言葉を重ねて騒がしさを強調した四字熟語だと言えます。

「侃々諤々(かんかんがくがく)」の「侃々」には「気性が強く信念を曲げない様子」という意味があります。「自分が正しいと感じることを堂々と主張すること」です。

「喧々諤々」は複数人での議論を描写するのに使われる言葉です。2人での話し合いを表現するのには使わないので、注意しましょう。

「喧々諤々」の使い方

  1. 喧々諤々としていて収拾がつかない。
  2. 委員会は喧々諤々となった。
  3. 彼らは喧々諤々と議論を白熱させた。

「喧々諤々」は形容動詞なので、「喧々諤々とする」「喧々諤々たる会議」という風な使い方をします。

「喧々諤々」の由来

「喧々諤々」は、前々項「『喧々諤々』の意味を詳しく」でもご紹介したように、以下の2つの言葉が混ざった言葉です。

  1. 喧々囂々(けんけんごうごう):それぞれ好き勝手なことを言い合うこと
  2. 侃々諤々(かんかんがくがく):活発に議論が行われること。自分の意見を発言すること

「喧々囂々」は、単に「やかましく議論する」という意味です。一方で「侃々諤々」には、激しく議論をしているという意味合いに加え、「正しいと思うことを発言する」というニュアンスも含まれています。

激しく議論するという点では共通していますが、「侃々諤々」には「正当な理由があって主張している」というプラスの意味が含まれます。

「喧々諤々」は単純に騒がしく議論をするという意味しかないため、意味は「喧々囂々」に近いです。

「喧々諤々」の類義語

「喧々諤々」には以下のような類義語があります。

  • 諸説紛々(しょせつふんぷん):いろいろな意見が入り乱れ、収拾がつかなくなること
  • 議論百出(ぎろんひゃくしゅつ):さまざまな意見が数多く出されること
  • 甲論乙駁(こうろんおくばつ):人々が自由に主張して意見がまとまらないこと
  • 談論風発(ぎろんふうはつ):風が吹くような勢いで盛んに論ずること
  • 百家争鳴(ひゃっかそうめい):多くの文化人や知識人が、それぞれの思想や意見を戦わせること

「諸説紛々」の「紛々」は、入り乱れていることを表します。「百家争鳴」は、古代中国において、戦争を終わらせる方法をさまざまな思想家が議論したという出来事がもとになっています。

「喧々諤々」の対義語

「喧々諤々」には以下のような対義語があります。

  • 異口同音(いくどうおん):意見が一致すること
  • 満場一致(まんじょういっち):全員の意見が1つになって異議がないこと
  • 同心(どうしん):心が1つになること

「喧々諤々」の英語訳

「喧々諤々」を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • noisy
    (ざわついた)
  • tumultuous
    (騒がしい)
  • clamorous
    (やかましい)
  • uproarious
    (騒々しい)

まとめ

以上、この記事では「喧々諤々」について解説しました。

読み方喧々諤々(けんけんがくがく)
意味いろいろな人がさまざまな意見を言い、騒がしくすること
由来「喧々囂々」と「侃々諤々」の混同
類義語諸説紛々、議論百出、甲論乙駁など
対義語異口同音、満場一致、同心など
英語訳noisy(ざわついた)、tumultuous(騒がしい)、clamorous(やかましい)など

「喧々諤々」は、「喧々囂々」と「侃々諤々」という四字熟語が混同された言葉であり、誤用であることが分かりました。辞書にも載っている言葉ですが、「喧々諤々」を使いたいときは「喧々囂々」に置き換えるといいでしょう。