四字熟語「甲論乙駁(こうろんおつばく)」の意味と使い方:例文付き

言葉

今回ご紹介する言葉は、四字熟語の「甲論乙駁(こうろんおつばく)」です。

言葉の意味・使い方・類義語・対義語・英語訳についてわかりやすく解説します。

スポンサードリンク

「甲論乙駁」の意味をスッキリ理解!

甲論乙駁(こうろんおつばく):互いに意見を主張しあって議論がまとまらないこと

「甲論乙駁」の意味を詳しく

甲論乙駁の意味を、それぞれ漢字に分けて解説します。

 

「甲論乙駁」における「甲」「乙」とは、それぞれ人を指します。

ただし、「甲」「乙」はどちらも人の名前ではなく、各々が人を表す指示語として使われています。

 

また、「論」は「意見を出す」という意味を持ちます。

「駁」は他人の意見に反対することを意味します。例として、「駁」を使う言葉には「反駁」「駁論」などがあげられます。

 

つまり、「甲論乙駁」は、「一方が意見を出すと、もう一方がその意見に対して反対をする」ということを表すのです。

議論の場における「甲論乙駁」は、「一つ意見が出てもそれに対して反対意見が出ることで結局まとまらない」という状態を表します。

スポンサードリンク

「甲論乙駁」の使い方

「甲論乙駁」は議論がまとまらないことを表すので、以下のように使用されます。

  1. その会議では、専門家が集まり議論したのだが、甲論乙駁だった。
  2. 一昔前、喫煙所を減らす運動には甲論乙駁あった。
  3. 国会では、甲論乙駁して議題の持ち越しがなされることがしばしばあった。
  4. 甲論乙駁の結果、その案は採用されることになった。

「甲論乙駁」の類義語

甲論乙駁には以下のような類義語があります。

  • 諸説紛紛(しょせつふんぷん):色々な意見が入り乱れて、まとまらない様子
  • 議論百出(ぎろんひゃくしゅつ):様々な意見が出されて、議論が活発になること
  • 議論沸騰(ぎろんふっとう):ある議論が盛り上がり、様々な意見が出ること

議論が活発になるという点において、3つとも「甲論乙駁」と似た意味をもっています。

しかし、「議論百出」と「議論沸騰」が「甲論乙駁」と違う点は、議論がまとまらない状態を表していない点です。

その点では「諸説紛紛」が最も類義語として適しているといえます。

スポンサードリンク

「甲論乙駁」の対義語

甲論乙駁には以下のような対義語があります。

  • 満場一致(まんじょういっち):その場にいる全員が同一意見を持つこと
  • 衆口一致(しゅうこういっち):多くの人たちの意見が一致すること

どちらも、議論という場において、意見が割れることなく一致する様子を表しています。

 

よって、「様々な意見が主張されることで議論がまとまらない」という意味をもつ「甲論乙駁」とは正反対の意味であることがわかります。

「甲論乙駁」の英語訳

甲論乙駁を英語に訳すと、次のような表現になります。

  • arguments pro and con
    (議論の賛否)
  • arguments for and against with no resolution in sight
    (議論の結論が出ないまま結論が行ったり来たりすること)
スポンサードリンク

まとめ

以上、この記事では「甲論乙駁」について解説しました。

読み方 甲論乙駁(こうろんおつばく)
意味 互いに意見を主張しあって議論がまとまらないこと
類義語 議論百出、諸説紛紛、議論沸騰など
対義語 満場一致、衆口一致など
英語訳 arguments pro and con(議論の賛否), arguments for and against with no resolution in sight(議論の結論が出ないまま結論が行ったり来たりすること)

議論は生活の中でしばしば行われるものです。

議論が活発であることはいいことですが、「甲論乙駁」になりすぎないように注意が必要ですね。

スポンサードリンク